【7月1日〜14日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
さあ、暑い夏がやってきました。カレンダーでいえば下半期のスタートとなる7月は、まずは「いらないものを取り払う」という動きが起こりそう。人間関係も仕事も、用事もモノも「たくさんあったほうがいい」「多ければ多いほどいい」といいわけではないというのは、あなたもご存知のはず。ひとつひとつの物事をよく吟味しながら、いらないものを取り払い、前に進んでいきましょう。なお、「選ばなくても、自然に残ったものを採用する」というやり方もあることはあります。ただ、今月はその方策を取ると、弱い立場に置かれたり、気持ちが迷子になったりと、あまりハッピーな方向にはいきにくい見通し。気が向いた分、できる分だけでも「吟味する」「不要なものを取り払う」ということを意識してみるといいでしょう。
  • 文・真木あかり

三碧木星

総合運

時間が美味しくする食べ物ってありますね。たとえばエイジングビーフにお酒、味噌や醤油といったもの。この7月前半の三碧木星の運気は、まさにそういった感じです。早く前に進むこと、すぐに結果を出すことにこだわると、ちょっと空回りしやすいかもしれません。じっくりと時間をかけて前に進むことが大事。もどかしい思いが募ったときは、「今は、美味しくなっているとき」と思っていただくと、目の前のことも前向きに乗り切れそうです。いい日々に、なっていっている途中です。

対人運

等身大の自分でいることが何より大事なとき。大きく、すごく見せようとすると、かえって今とのギャップばかりを見せつけられているような気分になり、「頑張っているのにしんどい」状況になりかねません。それに、あなたの周りの人はきっと、そのままのあなただから好きになってくれるのだろうと思います。むしろ、すごい姿ばかりをあなたに強いるような相手は、外見で人を判断するような人なのでしょう。理解してくれる人を、大切にしましょう。

金運

「土台」のところにしっかりお金をかけることが大事なとき。基本的には堅実モードで過ごしたいときなのですが、基礎や基本と呼べるようなところに関しては、ケチればかえって損をすることも。勉強ならあれこれ教材を買いまくるよりも、まずは評判の良い基礎の本を買う。料理なら、道具はいいものを揃える。そうすることで、頑張りたいことの運がいい具合に回り始めるでしょう。

吉方位

1日:南東、北東 2日:西 3日:南西 4日:南西 5日:南東、北 6日:東 7日:南西 8日:西、北西 9日:北西 10日:北西 11日:西、北西 12日:自由に過ごす日 13日:北東 14日:南東、北

三碧木星の基本性格
春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。