【5月15日〜31日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【5月15日〜31日の流れ】
ちょっとびっくりするような出来事に見舞われそう。いったい何が起ころうとしているのか、などと不安になることもあるかもしれませんが、悪いようにはなりません。びっくりしてもまずは気持ちを落ち着けて、やるべきことをやっていきましょう。海外も国内も変革のとき。こういったときほど、まずは地に足をつけて前に進むことが、大切なのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

前半に引き続き、忙しい日々が続きそう。あなたの腕や能力を見込んでいろいろなお願い事が持ち込まれるのですが、この時期に引き受けたことは想像以上に時間と手間がかかるものが多そう。「このくらいならできる」と思った量の7割くらいを目処に引き受けると、ちょうどいいはずです。「どうしてもお願い」「暇なときでいいから」などと頼み込まれると断りにくいこともあるかもしれませんが、無理なものは無理と言ってOK。中途半端になって迷惑をかけるよりも、すでに入っている仕事でベストを尽くしたほうが、あなた自身も満足度が高いはずです。

対人運

基本的に好調です。忙しさゆえに丁寧に向き合うことができず、ぶっきらぼうな人と誤解されがちな傾向もありますが、一度ハラを割って話せばあなたの良さをわかってもらえるはず。日々のコミュニケーションは最小限になってしまっても、懇親会や挨拶の場といったところには積極的に足を運んでみるといいでしょう。ひとつだけ気をつけたいのは、「まわりがみんな若く、自分だけが年長」というシチュエーション。無意識のうちに上から目線になりやすいので、控えめでいられるとちょうどいいかもしれません。

金運

「忙しくて使うヒマがない」──そんな、人から見ればちょっと羨ましがられるような展開に。もともと不思議とお金が貯まる時期でもあり、それもまた金運にとってはプラスとなりそうです。「お金がお金を呼ぶ」ので、お財布には少しだけ多めと感じるお札を入れておくといいでしょう。ただ、この時期の八白土星の人はちょっと無理をしがちでもあります。ダウンして医療費が……といったことになったら大変です。お金はまだしも、体調が戻るには少し時間がかかりそうなので、体力・気力の上限はしっかりおさえておいて。

吉方位

15日:東、南東 16日:東、南西、西 17日:南東、南西、北西 18日:南、北 19日:南東、南西 20日:西、北東 21日:南、西、北西 22日:北、北東 23日:自由に過ごす日 24日:東、南東、北西 25日:東、西 26日:南東、南西、北西 27日:南、北 28日:南東、南西、北東 29日:東、西、北東 30日:西、北西 31日:北

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。