【5月15日〜31日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【5月15日〜31日の流れ】
ちょっとびっくりするような出来事に見舞われそう。いったい何が起ころうとしているのか、などと不安になることもあるかもしれませんが、悪いようにはなりません。びっくりしてもまずは気持ちを落ち着けて、やるべきことをやっていきましょう。海外も国内も変革のとき。こういったときほど、まずは地に足をつけて前に進むことが、大切なのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

もりもりと力強い、前向きな動きが起こります。もちろん、あなたがそうした流れに乗りたいと思われるのであれば──という条件つきにはなりますが、この2週間は「大抜擢」「引き立て」「チャレンジ」といった言葉と非常に相性が良いときです。チャンスと思ったならすぐに動いて大丈夫。もし、わけがわからないことを言って足を引っ張るような人がいたとしても、気にしなくて大丈夫です。叶恭子さんが以前「『あなたのためを思って』と言う人に対しては、まず、『自分のために生きてください』と言葉を返していきましょう」という言葉を残しているのですが、言わないまでも心の片隅にそっと置いておくと、お守りになるかもしれません。 <参考> 叶恭子『知のジュエリー12ヵ月』(理論社)

対人運

対人運 身近な人について、何らかの変化を感じることになりそう。成長した、頼もしくなったという対人関係は鏡のようなもの。あなたがどんな気分で過ごしているかによって、周りに似たような人が集まってきそう。ときに「こんな人に似てないよ!?」と思うようなこともあるかもしれませんが、あなたがフタをしている本心や恐れが、そうした人を呼び寄せていることも。共感力がアップするときですが、「自分のことはどうでもいい」的な発想をしていると、「他人を利用するだけして終わり」という人が寄ってきやすくなるのでご注意を。対人関係の前に、自分を大事にしてこそ、運をキャッチできるようになります。

金運

金運 前半に引き続き、地道な積み重ねによって金運が良くなっていくときです。コツコツと貯金をする、住宅ローンを少しずつ繰り上げ返済するなど、できることをやっていきましょう。ちなみに「積み重ね」は、良いことだけではありません。ネガティブな発想や不満・不安も溜まっていきやすいでしょう。「知らない」「わからない」ということは多かれ少なかれネガティブ発想につながりやすいので、必要な情報を調べたり行動を起こしたりして、解決を目指していけると素敵です。

吉方位

15日:東、南東 16日:南東、南西 17日:東、南西 18日:南、北 19日:南、南西、北 20日:南、北東 21日:南、西、北西 22日:西、北東 23日:南東、北西 24日:東、南東、北西 25日:南東 26日:東、南西 27日:南、北 28日:南、南西、北、北東 29日:南、北東 30日:西、北西 31日:西

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。