【5月15日〜31日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【5月15日〜31日の流れ】
ちょっとびっくりするような出来事に見舞われそう。いったい何が起ころうとしているのか、などと不安になることもあるかもしれませんが、悪いようにはなりません。びっくりしてもまずは気持ちを落ち着けて、やるべきことをやっていきましょう。海外も国内も変革のとき。こういったときほど、まずは地に足をつけて前に進むことが、大切なのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

「見直し」「仕切り直し」の暗示が出ています。しかし、頑張ったことがダメだった、まるで役に立たなかったというような、淋しい話ではありません。ただ、現状のまま続けても、結果は想像通りにしかならない──だから、立ち止まる勇気を発動して、落ち着いて作戦を練ろうという話なのです。なんとかしたい、と思う気持ちが強いほど誰かの意見を仰ぎたくもなると思うのですが、この5月後半のうちは「ひとりで考える」のが先。自分である程度の方向性を見いだせない限り、他人の意見やアドバイスはふわふわと、つかみどころのないものになってしまうからです。

対人運

相手の心が少し見えない、そんな心もとない気持ちがときどき、胸のなかに宿るかもしれません。「なんで」「どうするつもりなの」といった言葉はそっと飲み込んで、今は相手が語り始めてくれるのを待つのが一番、お互いのためになるようです。そもそも、あなたもご存知の通り、人の心の中なんて絶対に見えないもの。どんなに頑張っても、どんなに愛していても。それでも愛とか情とか優しさによって、たまたま相手が見せてくれることがあります。 それは特別なギフトで、決して当たり前なんかではないことに、改めて気付かされるような時期です。

金運

心の平穏がお金の流れを穏やかにしてくれるとき。つまり、「ものすごくハッピー!」「めちゃめちゃ落ち込んでいる……」といったときに、自分でもびっくりするような散財をしてしまいやすいのです。良いものや時間に使えればそれはそれでOKなのですが、人はだいたいにおいて、こういうときは後悔しがちですね。ハッピーなときは良しとして、仮に落ち込んだときの「これなら、心のケアとしてお財布オープンしてOK」のラインを決めておくというのはいい選択に。ちょっといいワインをグラスに1杯とか、ちょっといいスイーツをひとつだけ、といった具合に、シミュレーションしておくとよさそうです。

吉方位

15日:南東、南、北 16日:東、南西、北東 17日:南西、西、北東 18日:南、西、北 19日:南、北西 20日:西 21日:東、西、北西 22日:東、南西 23日:南東、北 24日:南東、南、北 25日:東、北東 26日:南西、北東 27日:南、西、北 28日:南、北東 29日:西 30日:東、南東、西、北西 31日:東、南西

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。