【1月15日〜31日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

三碧木星

総合運

「無理をしないで」「自分をいたわって」などと言われたとき「ダラダラする」と「頑張る」の境目に迷ったことはあるでしょうか。実際、まわりがバタバタしているとつい無理をしてしまうということもありそうです。無理をしないと物事が回っていかない状況でもあるのでしょう。そうした頑張り屋さんのあなたに敢えて申し上げますが、1月後半はちょっと体調を崩しやすい星回りです。世の中的にも不安が高まっている今、「体と心に負担のないレベル」は上げすぎずにお過ごしいただけたらと思います。

対人運

「ちょっとだけ踏み込む」勇気を持てると良さそうです。プライベートの事情は尊重した上で「もうちょっと聞かせて」「あなたはどうしたい?」といった、優しさを質問に上乗せしたひと言が、今のあなたには自然と出てくるだろうと思うのです。相手からすぐにはかばかしい答えが返ってこなくても大丈夫です。相手にとっては、あなたがそう聞いてくれたことが一番で、そのことが胸のなかをずっとあたため続けるのだろうと思います。

金運

欲求があっさりする時期なので、結果的に無駄遣いをすることもなさそうです。欲しいものがないとき、やりたいことがないときは、未来の自分のための積立をするときと思って貯金をしておくといいでしょう。ただ、食事まで無頓着になると総合運のところで申し上げた、健康運に影響が出てきそう。食べたいものが特に思いつかないときでも、美味しそう! と思えるものを探すなど、少しだけ欲を出してみてもいいかもしれません。

吉方位

15日:南東、南、北 16日:北東 17日:北東 18日:西、北西 19日:北西 20日:南東 21日:西 22日:南西、北西 23日:南西 24日:南東、南、北 25日:北東 26日:北東 27日:西、北西 28日:北西 29日:南東 30日:西 31日:南西、北西

三碧木星の基本性格
春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。