更新:

【1月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月前半の運気の流れ】2021年がスタートしました。九星気学では、1年の切り替わりは2月の立春から。まあ西洋占星術でも星の動きベースで運気が切り替わるので、年が改まったからといって運気がどうこうなるというものではないのですけれども、真っ白なカレンダーや手帳を目にするとやっぱり、気持ちが引き締まるものです。それこそが、私たちが予測のつかない日々を生きるために大切な「心の切り替え」というものではないかと思います。さて2021年に限っては、2月からの1年を1月のうちから先取りするような傾向が強まってきます。つまり2020年全体を覆っていた「七赤金星」のムードは次第に薄くなっていき、次の「六白金星」のムードが濃くなってくる、ということになります。世の中的には政府主導のお金の動きに注目が集まり、フワフワした気分は薄めに。また、差別やハラスメントといったものには厳正な視線が向けられます。個人の動きとしては「本物の努力」に目が向く時期となるだろうと思います。生活にルールを課し力を蓄える時期と思って、コツコツと物事を進めていくことが大事です。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

小説やドラマでは、ハッピーエンドに行き着くまでにさまざまな紆余曲折があります。傷つけたことが愛を再確認することにつながったり、泥をすするような苦労をしてやっと思いを遂げたりする、といったシーンがよく描かれます。そうしたことはある意味真実ですが「苦しんでこそ本物の愛」「仕事は辛い多いをして当たり前」といったことにはならないのですよね。もし、あなたのなかにこうした思い込みがある場合、この時期は「はっ、そうとばかりは限らない」と気づくことができます。自分を縛る鎖を、外していきたいところです。

対人運

積極的に人と関わりを持つことで、人間関係は好調に。時節柄、会食や新年会は叶わないとしても、「落ち着いたらごはんでも!」と言い合うことはプラスになります。シングルの人は、出会いの質が上がっても来るでしょう。SNSでの交流もぜひ楽しんでいきたいところですが、悪ノリ的なコメントは避けたほうがベター。一般的にさほど問題がないと思われるテーマが妙に相手のカンに障ってしまうことも。顔が見えにくい今だからこそ、マイルドにいきましょう。

金運

欲求を刺激するものとの出会いが多そう。ショッピングやグルメ、コンテンツへの課金など、いったん始めてしまうとなかなか止まらないかも。決して金運が悪い時期ではないのですが、欲望スイッチをできるだけ入れないようにしたいものです。こまめなストレス解消は効果がありそう。運動をする、好きな人とおしゃべりするなど、できるだけ取り入れてみて。

吉方位

1日:西、北 2日:南西、北西、北東 3日:東、南、西 4日:南東、北東 5日:南東 6日:東、北西 7日:南東、南西 8日:東、西 9日:南東、南、北東 10日:西 11日:南西、北西 12日:東、南、西 13日:南東、北東 14日:自由に過ごす日

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。