からだ
くらし

栄養たっぷりの乾物、海藻を活用したみそ汁。【腸を整えるみそ汁レシピ】

4つの素材を混ぜ合わせただけの「みそ玉」には、腸を健康にするはたらきが。みそ玉を使った具だくさんみそ汁を日々の習慣にするレシピを、料理家のみないきぬこさんに教わりました。
  • 撮影・青木和義

切り干し大根と桜えびのみそ汁

手間いらず、食べ応えのある切り干し大根。
切り干し大根にはカルシウムなどの栄養分と、うまみがたっぷり。桜えびをプラスして色合いを豊かに。

【材料(2人分)】
切り干し大根15g、桜えび大さじ2〜3、にら1/3束、みそ玉2個、だし汁1と1/2カップ

【作り方】
1.
切り干し大根は1カップの水に15分ほどつけて戻し、軽く水気を切ってざく切りにする。汁は1/2カップほど取っておく。にらは3cm長さに切っておく。
2.鍋に1の戻し汁、だし汁、切り干し大根を入れて中火にかけ、ふつふつしてきたらアクを取り、ふたをずらしてのせる。弱めの中火で5分ほど煮たら、にら、桜えびを加え、みそ玉を溶き入れる。

ひじきと彩りパプリカのみそ汁

ささみでタンパク質もしっかり補給。
ひじきには食物繊維、マグネシウム、カルシウムが豊富。赤、黄、緑、3色の野菜が揃えば見た目も鮮やかになる。

【材料(2人分)】
ささみ1本、赤・黄パプリカ(小)各1/2個、ピーマン1個、しょうが(千切り)5g、A[塩少々、片栗粉小さじ1/2]、ひじき(乾)大さじ1(5g弱)、みそ玉2個、だし汁2カップ

【作り方】
1.ひじきはたっぷりの水に15分ほどつけて戻し、ざるにあげる。ささみは細切りにし、Aを順にまぶす。パプリカ、ピーマンは細切りにする。
2.鍋にだし汁を入れて中火にかけ、ふつふつしてきたら1としょうがを加え、1〜2分煮てからみそ玉を溶き入れて火を止める。

海藻ミックスと水菜のみそ汁

厚揚げとトマトでボリューム感アップ。
「海藻だけでは物足りない。ならば食べごたえのある食材を組み合わせてみましょう」

【材料(2人分)】
海藻ミックス5g、水菜30g、トマト1/2個、厚揚げ1枚、みそ玉2個、だし汁2カップ

【作り方】
1.海藻はたっぷりの水に5分ほどつけて戻し、ざるにあげる。水菜は3cm長さに切り、トマトはくし形切りにする。厚揚げは一口大に切る。
2.鍋にだし汁を入れて中火にかけ、ふつふつしてきたら1を加えさっと煮て、みそ玉を溶き入れて火を止める。

みないきぬこさん●料理家。女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て独立。フードコーディネーターとしても、雑誌やテレビ、広告で活躍中。

『クロワッサン』998号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE