からだ
くらし

きゅうり、オクラ、とうもろこし……。夏野菜のみそ汁【腸を整えるみそ汁レシピ】

4つの素材を混ぜ合わせただけの「みそ玉」には、腸を健康にするはたらきが。みそ玉を使った具だくさんみそ汁を日々の習慣にするレシピを、料理家のみないきぬこさんに教わりました。
  • 撮影・青木和義

冷や汁風みそ汁

セロリときゅうりのシャキシャキ食感。
ひと手間かけてみそを焼くことで、香ばしさがぐんと増す。ツナ缶で味に奥行きが加わる。

【材料(2人分)】
きゅうり1/2本、セロリ1/3本、みょうが1個、大葉3〜4枚、ツナ缶(オイル漬け)小1缶、木綿豆腐100g、白すりごま大さじ2、みそ玉2個、だし汁2カップ

【作り方】
1.
きゅうり、みょうがは小口切り、セロリは薄切り、大葉は千切りにする。
2.ボウルに解凍したみそ玉、ツナ、白すりごまを合わせてよく混ぜる。
3.トースターの天板にクッキングシートを敷いて2を広げ、15分焼く。焦げそうなら途中でホイルをかぶせる。
4.粗熱が取れたらボウルに移し、冷やしただし汁を少しずつ加えて溶きのばし、豆腐を崩しながら加え、1も加えて混ぜる。

モロヘイヤみそ汁

スパイシーなカレー粉が食欲をそそる。
「モロヘイヤは細かく刻めば刻むほどとろみが出ます」。とうもろこしの甘みとトマトの酸味が相性抜群。

【材料(2人分)】
モロヘイヤ1束、トマト小1個、とうもろこし1/2本、しょうが(みじん切り)小さじ1、カレー粉小さじ1、サラダ油小さじ1、みそ玉2〜3個、だし汁2カップ

【作り方】
1.モロヘイヤはみじん切りにする。トマトは1.5cm角に切る。とうもろこしは包丁で実を削ぎ落とす。
2.鍋にサラダ油、しょうがを入れて中火にかけ、香りが立ったらとうもろこし、トマト、カレー粉を加えて炒める。
3.全体が馴染んだらだし汁を加え、2〜3分煮たらモロヘイヤを加え、1分ほど煮てみそ玉を溶き入れる。

オクラと納豆のねばねばみそ汁

するりと食べられる、冷たいみそ汁。
ひきわり納豆に合わせて、全ての具材を小さくカット。納豆が苦手でも薬味のおかげでにおいも気にならない。

【材料(2人分)】
オクラ4本、なす1本、みょうが1個、大葉3〜4枚、ひきわり納豆1パック、みそ玉2個、だし汁1〜1と1/2カップ

【作り方】
1.オクラ、なす、みょうが、大葉を粗みじん切りにし、合わせて水に5分ほど放してからざるにあげる。
2.ボウルに解凍したみそ玉を入れ、1の具材とひきわり納豆を加えて混ぜ、冷やしただし汁を少しずつ加えて溶きのばす。

みないきぬこさん●料理家。女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て独立。フードコーディネーターとしても、雑誌やテレビ、広告で活躍中。

『クロワッサン』998号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE