からだ

自然な若見えの鍵を握る、大人のツヤ髪のつくり方。

髪にツヤがないと、元気がない、老けた印象になってしまう。日頃のケアを見直して、輝く髪を手に入れよう。
  • 撮影・内田紘倫 スタイリング・佐野友美 文・嶌 陽子 モデル・輝美
田所幸子(たどころ・さちこ)さん●『BEAUT RIUMAoyamaSt.』スタイリスト。美容師歴26年。女優やモデルからも信頼が厚い。著書『女っぽさを作る美髪ケアの基本』(幻冬舎)。

なめらかに髪に輝く「天使の輪」。最近、なくなってきたと感じることはないだろうか。

「髪のツヤがなくなるのは老化現象のひとつです」と話すヘアスタイリストの田所幸子さん。

「40代になると、血流が悪くなる、ホルモンバランスが乱れるといったことから、細毛や薄毛になる人も少なくありません。また、髪にうねりが出てくるので、光を反射しない。その結果、ツヤが失われていくのです」

ツヤ髪をつくるのに大事なのは、髪が生える土台、つまり頭皮の血流をよくして潤いを与えることと、毛髪自体を健やかにしていくこと、両方のケアが必要だ。

「若々しく、健康そうに見えるためには、顔だけでも、髪だけでもだめ。髪と顔のツヤが一致していることが大切。これを私は若見えの法則と呼んでいます(下表参照)」

今日から目指していこう。

【髪のツヤと顔のツヤ、若見えの法則】
髪 < 顔 → 疲れて見える
髪 > 顔 → 老けて見える
髪 = 顔 → 若々しく見える

乾かし方を変えるだけで、つややかな髪にぐっと近づく。

1.濡れ髪はタオルでこすらず、たたいて水気をとる。

濡れた髪をいたわる3つのステップ。

1.毛先の部分をタオルではさみ、軽くたたくようにして水気をとる。手のひらでぎゅっと圧をかけてもよい。
2.タオルを頭の上にのせ、両手のひらをいっぱいに使ってぎゅっぎゅっとおさえる。こするのは厳禁。
3.指の腹を使って、頭皮をマッサージするように軽く揉む。頭の上から下までまんべんなく行う。
1.毛先の部分をタオルではさみ、軽くたたくようにして水気をとる。手のひらでぎゅっと圧をかけてもよい。
2.タオルを頭の上にのせ、両手のひらをいっぱいに使ってぎゅっぎゅっとおさえる。こするのは厳禁。
3.指の腹を使って、頭皮をマッサージするように軽く揉む。頭の上から下までまんべんなく行う。

ツヤ髪をつくる鍵のひとつは、毛髪の表面をうろこ状に覆っているキューティクル。髪が濡れている時に、最もデリケートで傷みやすい状態になる。

「髪が濡れてキューティクルが開いた状態の時に刺激が加わると、キューティクルがはがれ、毛髪内部のたんぱく質が流れ出してしまいます。できるだけ摩擦を起こさないことが大切です」(田所さん)

無意識にやってしまいがちなのが、シャンプー後のタオルドライの際、髪をゴシゴシこすり合わせて乾かすこと。これだと摩擦が起き、キューティクルが傷んでしまう。頭皮も毛先も、たたくようにして水気をとるのが鉄則だ。

「パッティングすると、効率よく水気がとれて早く乾くというメリットもあります。その分、ドライヤーで乾かす時間が短縮されるので、熱による刺激を与え過ぎずにすむのです」

毎日の習慣であるタオルドライ。少し意識を向けるだけで、きれいな髪に近づけそうだ。

1 2

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE