からだ
くらし

【ラム肉のしゃぶしゃぶ】ミュージシャン・野宮真貴さんのとっておき赤身肉レシピ。

良質なたんぱく質を多く含む赤身肉は、栄養素の宝庫。美しい肌やボディラインを維持し、健やかな日々を過ごすためにも毎日食べることをすすめます!

肉好きの野宮真貴さんが日ごろ作っている定番。とっておきの赤身肉レシピ、教えます。
  • 撮影・村上未知 料理製作、スタイリング・竹原由紀

ラム肉のしゃぶしゃぶ

羊肉好きも太鼓判を押す、間違いのないおいしさ。

「これはフードスタイリスト・飯島奈美さんのレシピをアレンジしたもの。北海道出身の私は、子どもの頃からジンギスカンなどで食べていたので、羊肉が大好きです。実山椒は春に市場で出回った時に大量に買い付け、下処理をしてラムしゃぶ用に大さじ2杯ずつをだし袋に入れ、冷凍保存しています。よいだしが出たスープで食べるシメの半田そうめんはなんとも美味。何回食べても『間違いなし!』と口走るほど」

【材料(作りやすい分量)】 
薄切りラム肉150g×人数分 季節の青菜、ごぼう(ささがき)、もやし、長ねぎ(斜め薄切り)、えのきだけ各適量 スープ[鶏ガラスープ1500ml 八角2個 実山椒(あく抜きしたもの)大さじ2 ホタテの干し貝柱2個 しょうが薄切り3枚 昆布5cm] たれ[しょうゆ、酢、豆板醤、ごま油、おろし生姜、おろしにんにく各適量] パクチー、半田そうめん各適量

【作り方】
1. スープの材料を煮立てたら、肉や野菜をしゃぶしゃぶの要領で火を通す。
2.それぞれ好みで混ぜ合わせたたれにつけ、パクチーを薬味にしていただく。
3.肉と野菜を食べ終えたら、残ったスープに茹でた半田そうめんを入れてシメに。

野宮真貴(のみや・まき)●ミュージシャン。”野宮真貴、渋谷系を歌う。”シリーズの究極ベスト盤『野宮真貴 渋谷系ソングブック』、電子書籍『おしゃれかるた』が好評発売中。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。