くらし

【揚げ餅みぞれ鍋】餅を味わい尽くす。もっと広がる、餅の味わい方。

つい同じになりがちな食べ方はもう卒業。驚くほど多彩な餅料理のレシピを教えてもらいました。
  • 撮影・三東サイ 文・嶌 陽子

【揚げ餅みぞれ鍋】かりっと香ばしい揚げ餅と大根おろしの相性がばつぐん。

寒い日に、体を芯まで温めてくれる。締めにうどんを入れるのもおすすめ。

【材料(2人分)】
角餅3個 揚げ油適量 鶏もも肉1枚(250g) 塩小さじ1/4 しめじ1パック 大根おろし10cmくらい 三つ葉適量 柚子の皮少々 七味唐辛子適量 煮汁[だし汁3カップ 薄口醤油大さじ1〜1・1/2 酒大さじ1 みりん小さじ1]

【作り方】
1. 鶏肉は一口大の薄切りにして、塩をふっておく。しめじは石づきを取ってほぐす。
2. 餅は4つに切り、中温(180℃)に温めた揚げ油でプクッと揚げる。
3. 土鍋に煮汁の材料を入れて中火にかける。フツフツしてきたら、鶏肉を入れる。
4. 肉に火が通ったら、しめじ、大根おろしを加えてひと煮立ちさせ、揚げ餅を入れて食べる。薬味に三つ葉、七味唐辛子、柚子の皮などを添える。

《ここがポイント!》揚げ油は一度使ったものを足すと、よりおいしそうな色に仕上がる。くっつかないように菜箸で時々動かす。

本田明子(ほんだ・あきこ)●料理研究家。小林カツ代さんの助手を経て2007年に独立。著書に『娘に伝えたい おせち料理と季節のごちそう』(講談社)など。

『クロワッサン』987号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE