からだ

【歩幅】あなたの身体は大丈夫?まずは現状チェックから

今は大きな不調もないし、まだまだ大丈夫。そんなふうに思っていませんか?でも、身体の衰えは気づかぬうちに進むもの。筋力や柔軟性、バランス力などをはかるテストで、今の状態を把握しましょう。
  • 撮影・青木和義 モデル・くらさわかずえ スタイリング・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) 文・新田草子

歩幅

筋力と柔軟性を同時に見るテストです。身長の半分以上の歩幅で難なく歩けるなら問題なし。きつく感じるようなら、筋力と柔軟性を高めるトレーニングを。ぐらつく人は、バランス力アップも課題です。

【歩幅テスト】大きめ歩幅で スムーズに歩ける?

リズミカルに手を振って大股で歩いたとき、後ろの足の爪先から前の足の踵までの1歩の距離が、身長の半分以上であればOK。それより狭い場合は、筋力と柔軟性が低下している可能性が。
あらかじめ身長の半分の距離をメジャーで測っておき、床に目印などをつけておくとわかりやすい。
リズミカルに手を振って大股で歩いたとき、後ろの足の爪先から前の足の踵までの1歩の距離が、身長の半分以上であればOK。それより狭い場合は、筋力と柔軟性が低下している可能性が。
あらかじめ身長の半分の距離をメジャーで測っておき、床に目印などをつけておくとわかりやすい。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE