からだ
くらし

志村双葉さんに聞く発酵食とオイル。「良質な発酵調味料で毎日腸活。 ローチョコレートも手作りで。」

日々の食卓に欠かせない、発酵食とオイルをローフードマイスターで料理研究家の志村双葉さんに聞きました。
  • 撮影・青木和義、角戸菜摘
志村双葉さん ローフードマイスター、料理研究家

味噌、醤油、梅干しなどはすべて手作りしているという志村さん。

「三河の発酵蔵元から直接購入している、味醂や豆味噌、たまりなども日常的に使っています。良質な発酵調味料を料理のおともにするだけで、体内の菌環境のレベルが格段に向上すると医師から聞き、毎日食べるように心がけています」

よく使うオイルは、コールドプレスのオリーブオイルと、白いごま油。加熱すると栄養価を失ってしまうので、サラダにかけるなど生で食べるようにしているそう。

「ほかにオイルといえば、おすすめしたいのがローカカオバター。生の発酵カカオ豆をコールドプレスした、とても良質なオイルです。このオイルを使って作るローチョコレートは、とても優秀な発酵オイル食品。溶かしたローカカオバターに、ローカカオパウダーとココナッツシュガーを入れてよく混ぜて溶かしてから、バットに流し入れて固めるだけなので、簡単です。ナッツをプラスするのもおすすめですよ」

ここ数年、毎年行っている醤油の仕込み。先日も行ってきたばかり。
発酵カカオ豆をコールドプレスしたローカカオバターで作った、ローチョコレート。

志村双葉(しむら・ふたば)●ローフードをきっかけに食意識を新たにし、自らの身体の力で健康でい続けることを目標に活動。ローフードレッスン、イベント、メニュー開発なども行う。

『クロワッサン』973号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE