からだ

美容ジャーナリストの倉田真由美さんが解説! たるみに必要なコスメはこれ。

  • 文・倉田真由美 撮影・金子吉輝

《4》 マッサージアイテムを投入し、“顔の下半身” のもたつきをケア。

さまざまなものの代謝が滞ってしまう大人の肌。やや硬めでいて、指すべりのいいジェルなどを用い、顔の中央から外へマッサージをするようになじませるとフェイスラインがすっきり。肌色もトーンアップし、メイクのりも良くなる。

ジーノ アミノマッサージジェル
肌と同じ成分であるアミノ酸をたっぷり配合したジェル。「塗るだけでも肌の土台をしっかり補強して、もっちりとしたハリを再現」。90g 4,500円(TEL:0120-787-727)

べキュア タイト リファイナー
肌内部の老廃物排出と、エネルギー再生を促進。「清涼感あふれるみずみずしい感触。フェイスラインがピンと引き上がる」。50ml 5,500円(TEL:0120-941-554)

《5》つるんとなめらか肌にする下地で細かな影を消す。

たるみ毛穴やキメの乱れなど、肌表面にある微細な凸凹が、ハリのなさやオバサンっぽさを増長させていることも多い。肌表面をなめらかに整え、ツヤを仕込む下地を使うと、頬に柔らかな丸みのある立体感が生まれ、女性らしい印象へ!

(左から)
ジバンシイ ブラン ディヴァン UV シールド
日焼け止め乳液。「クリアなラベンダーカラーが透明感をもたらす。メイクの下に若々しい肌のモトを仕込む感覚」。SPF50+/PA++++ 30ml 6,000円(TEL:03-3264-3941)

ジョルジオ アルマーニ クレマヌーダ
光をまとい、肌を美しく見せるクリーム。「ヘルシーなツヤが生まれ、エイジングケア成分で肌自体のハリ・弾力もアップ」。全5色 30ml 1万3000円(TEL:03-6911-8411)

《6》筋肉にアプローチし、肌もろとも引き上げる美顔器&ツール。

美容医療並みのケアを自宅で行える機器や、表情筋エクササイズをサポートするツールは、しっかり効果を出したいときの頼れるアイテム。表皮だけでなく、たるみや輪郭の崩れのもととなる肌深部に働きかけられる。

(上から)
フェイシャルフィットネス パオ
表情筋を鍛えるトレーニングアイテム。「口にくわえて動かすことで筋肉に働きかける。口元のシワ、たるみ、二重あごに効果てきめん」。1万2800円(MTG TEL:0120-467-222)

ニューアリフト(ルビーレッド)
医療機器メーカーによる自宅ケア用美顔器。「RFが肌をシャキッとさせ、ほうれい線が目立たなくなる」。専用ジェル付き。6万2800円(ビューテリジェンス TEL:0120-17-1108)

倉田真由美(くらた・まゆみ)●美容ジャーナリスト。キャリア30年以上の美容ジャーナリストの草分け。年齢を重ねた女性のリアルな悩みに寄り添った記事に定評。本誌で「最新私的コスメ図鑑」を連載中。

『クロワッサン』972号より

1 2 3

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE