からだ

【骨盤のゆがみ・股関節編】つらい時に効果を感じる、症状別ストレッチ。

身体が硬かったり、痛みを抱えている人でも取り組める、簡単で安全なセルフストレッチでトラブルに対処しよう。
  • 撮影・清水朝子 モデル・SAORI

つらい時に効果を感じる、症状別ストレッチの概要とコツは【腰痛・ぎっくり腰編】をご覧ください。

【骨盤のゆがみ】骨盤踏みから上体ひねりで、骨盤の調整と上半身との連携を図る。

骨盤のゆがみに対処する運動として知られる、床で脚を投げ出した姿勢でお尻歩きする「座骨歩き」は、骨盤を正しく立たせておくのが意外ときつい。そこで、同様の骨盤のゆがみ調整効果を狙える、椅子に座った状態でできる運動を紹介。椅子の座面を、お尻で歩くように片側ずつ踏む感覚で行う。最後に上体ひねりを加えることで、背骨との連携もよみがえらせる。左右ひねりを1セットとして、気持ちいい程度に続けて。

1. 足の裏を床につけて、椅子に浅く座り、座面を押すように骨盤(座骨)を片側ずつ上げて下ろすのを繰り返す。
2. 座面と水平方向に骨盤をひねっていき、そのまま自然に上体もひねる。振り向くほうの骨盤を引くことを意識するとやりやすい。上体は傾けないよう、ソフトクリームのようなイメージでまっすぐのままひねること。
1. 足の裏を床につけて、椅子に浅く座り、座面を押すように骨盤(座骨)を片側ずつ上げて下ろすのを繰り返す。
2. 座面と水平方向に骨盤をひねっていき、そのまま自然に上体もひねる。振り向くほうの骨盤を引くことを意識するとやりやすい。上体は傾けないよう、ソフトクリームのようなイメージでまっすぐのままひねること。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE