からだ

ダイエットと美肌を同時に叶える
ストレッチと筋トレvol.1

ダイエットと美肌を同時に叶えられるなら、よりうれしいですよね。そんなストレッチ&筋トレをプロメイクアップアーティスト&スキンケアリストのシホデラックスさんに教えていただきました。

 

「顔に集まっている50もの筋肉は、すべて全身の筋肉につながっています。そのため体の不調や筋肉の状態がお肌の仕上がりに大きく影響します」と話すのは、プロメイクアップアーティスト&スキンケアリストであり、国際顔筋ストレッチメンテナンス協会代表理を務めるシホデラックスさん。

そこで、まずはスキンケア中など肌のすべりのいい状態で、顔筋の状態を5つのチェックで自己診断してみましょう。手をグーやチョキにし、指の関節を使って筋肉をダイレクトに刺激。痛みを感じる場所につながる体の筋肉をストレッチで柔らかくしたら、筋トレで仕上げを。

「ストレッチは『動ける筋肉』にするためのリハビリ。また、筋肉が柔らかくなった状態で筋トレを行うと脂肪燃焼効果が高いので、同時に行うのが筋肉活性化の鍵です」

 

【check1】おでこが痛いなら、背中〜腰〜お尻の筋肉が硬い証拠。

おでこを刺激したときに痛いのは、姿勢の悪さや運動不足で筋肉の伸縮力が衰え、硬くなっているから。筋肉が引っ張られて常に緊張しているので血行が悪く、肩こりや腰痛、おでこのシワの原因に。まずは硬くなった背中の筋肉の伸縮を促し、良い姿勢を保つ背骨を支える筋肉を鍛えよう。
手をグーに握って第二関節をおでこに直角に当て、髪の生え際からまゆ毛まで縦にローリング。

手をグーに握って第二関節をおでこに直角に当て、髪の生え際からまゆ毛まで縦にローリング。


 

ストレッチ

1.あおむけに寝て鼻から息を吸いながら、両手両足をぐーっと伸ばす。2.口から息を吐きながら、つま先をなるべく頭の遠くにつけ、背骨一つ一つを伸ばすイメージで10秒キープ。

1.あおむけに寝て鼻から息を吸いながら、両手両足をぐーっと伸ばす。2.口から息を吐きながら、つま先をなるべく頭の遠くにつけ、背骨一つ一つを伸ばすイメージで10秒キープ。

 
 

筋トレ

1. 水を入れたペットボトルを背中側で持つ。

1. 水を入れたペットボトルを背中側で持つ。

2 .口から息を吐きながらゆ っくり頭上まで持ち上げる。頭を下げず、腕は耳より前に出ないように。肘から先をゆっくりと上下。20回。

2 .口から息を吐きながらゆ
っくり頭上まで持ち上げる。頭を下げず、腕は耳より前に出ないように。肘から先をゆっくりと上下。20回。


 

【check2】内臓の筋肉の疲れが溜まると、口周りの筋肉が反応。

口まわりの痛みは、内臓機能低下のサイン。口から肛門までは1本のつながった筋肉でできた消化器官なので、内臓疲労は血行を悪くして体温を下げ、免疫力が低下し、くすみ、乾燥、クマ、肌荒れの原因に。内臓筋はジャンプで活性化。

[

チョキの形から人差し指と中指を折り曲げ、第二関節で上下の歯と歯ぐきの境目を同時に刺激。

チョキの形から人差し指と中指を折り曲げ、第二関節で上下の歯と歯ぐきの境目を同時に刺激。


 

【筋トレ】

1.姿勢を正して立つ。

1.姿勢を正して立つ。

2.ジャンプして両手は頭上でタッチし、足は開いて着地。

2.ジャンプして両手は頭上でタッチし、足は開いて着地。


3.再びジャンプして両手でお尻をタッチし、足を閉じる。2と3を30秒間、繰り返す。

3.再びジャンプして両手でお尻をタッチし、足を閉じる。2と3を30秒間、繰り返す。

3でタッチするのはお尻と太腿の境目あたり。筋肉刺激で脂肪燃焼促進に。

3でタッチするのはお尻と太腿の境目あたり。筋肉刺激で脂肪燃焼促進に。


 

【ストレッチ】

1. あおむけになり、左手で右膝を90度に持ち上げ、息を吐きながら床につける。10秒キープ。反対側も。2. 両手を頭上に置き、息を吐きながら左膝を折り曲げ10秒キープ。反対側も。

1. あおむけになり、左手で右膝を90度に持ち上げ、息を吐きながら床につける。10秒キープ。反対側も。2. 両手を頭上に置き、息を吐きながら左膝を折り曲げ10秒キープ。反対側も。

ダイエットと美肌を同時に叶えるストレッチと筋トレvol.2はこちらから。
https://croissant-online.jp/topics/41852/

 

◎シホデラックスさん プロメイクアップアーティスト&スキンケアリスト、国際顔筋ストレッチメンテナンス協会代表理事。/独自の「最新顔筋理論」に基づいた継続美肌を作る筋肉活性法を考案。

『クロワッサン』918号(2016年1月25日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE