暮らしに役立つ、知恵がある。

 

「巡る」ポーズで、目標を再認識する【Dr.高尾美穂のカラダとココロの整え方】

人生は積み重ね……なんて、よく言いますが、重ね方次第でより生きやすくなることもあるかもしれませんね。

撮影・森山祐子 イラストレーション・SHOKO TAKAHASHI 構成&文・越川典子

〈巡る〉“無限大の巡りを体現しつつ、目標を再認識してみては?”

蓮華座とは、蓮の花のように両脚を組んで座る、ヨガの究極のポーズ。

結跏趺坐(けっかふざ)ともいわれ、瞑想や深呼吸をするときに行います。半蓮華座とは、片脚だけを組むポーズなので、簡単?と思われるかもしれませんが、違います。手と足とをつなげて「無限大の巡り」を形づくる、重要な境地を意味しているんですよ。半蓮華座ができなければ、蓮華座という完成形に至ることはできないでしょう。

一足飛びに何かを成し遂げることってまず無理で、もしできたとしても、完成度、質は違うような気がします。それぞれの段階で質の高さを積み重ねていくことは、うまくいくためにあらゆることに共通する考え方です。どの段階でも、自分が納得できる状態に至ってから先に進む。時間がかかっても、遠回りに感じたとしても、最後は自分のためになるーー私自身が生きてきて実感していることでもあります。

質を高めるとは、自分を高めると同じ意味ではないでしょうか。手を抜くことは容易ですが、手を抜いたことは自分が一番よく知っています。

いま職場で、学校で、社会で、自分の人生で、何かを達成する途中にいるかもしれないあなたへ。その過程で生まれた思いや考えをゆっくり巡らせながら、目標の完遂へと向かってください。半蓮華座にトライしつつ。

半蓮華座
半蓮華座

半蓮華座

両脚を前に伸ばして座ります。左脚を曲げて足首を右脚の付け根にのせます。右手で右足先を、左手を背中に回して左足先をつかみます。深い呼吸で8秒キープ。反対側も同様に行います。1日1回。

  • 高尾美穂

    高尾美穂 さん (たかお・みほ)

    産婦人科医

    イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター、産業医として、働く女性をサポート。『人生たいていのことはどうにかなる』『娘と話す、からだ・こころ・性のこと』など著書多数。

『クロワッサン』1109号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. からだ
  3. 「巡る」ポーズで、目標を再認識する【Dr.高尾美穂のカラダとココロの整え方】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載