暮らしに役立つ、知恵がある。

 

「寄せる」ポーズでゴールをはっきりさせる【Dr.高尾美穂のカラダとココロの整え方】

自分が寄せて行ったり、人を寄せたり。何かを実現したいときには、人の力が必要になります。
自分の持っている魅力を見つめ直してみましょう。

撮影・森山祐子 構成&文・越川典子

〈寄せる〉“何を寄せるか、何を寄せ集めるか。ゴールを持っているといいね!”

太ももを自分の胴体に寄せるこのポーズ、毎日ヨガをしている私でも多少不安定なポーズ。でも、おへそから5cmほど下にある丹田に向けて、脚をぎゅーっと寄せていくことで安定します。

「寄せる」って、何かに「近づける」という意味で使っている人が多いようですが、「寄せ集める」という意味もあります。近づくにしろ、集めるにしろ、どこに寄せるか、の先こそが大事です。つまり、何をゴールとするか。

「運を寄せる」という言葉もありますね。「自分がしたいこと」「なりたい姿」を公言して行動したら実現した……という体験を持つ方もいるのではないでしょうか。それは、ゴールが明確なため、自分の望みを叶える方向性をはっきり認識できるからです。私自身、婦人科医としてスポーツドクターとして、女性が幸せになることを通して、性別を問わずすべての人を幸せにしたいという意識を持ち続け、今もそのプロセス上にあると感じています。

「人を寄せる」こともできますね。人を寄せ集める力とは、その人の居心地のよさだったり、トーク力だったり、料理上手だったり。人が寄れば「場」ができます。場を作る魅力って、誰もが持っていると私は思っています。

自分にはどんな魅力があるのか、何をしたいのか。皆さんも、このポーズにトライしながら考えてみませんか。

脚クロスのポーズ
脚クロスのポーズ

脚クロスのポーズ

右足を前に持ち上げ、左手で足首の外側をつかみ、ゆっくり太ももをカラダに寄せながら脚を伸ばします。そのまま深い呼吸で8秒キープ。左右の手足を替えて、もう一度。1日1回。

  • 高尾美穂

    高尾美穂 さん (たかお・みほ)

    産婦人科医

    イーク表参道副院長。婦人科スポーツドクター、産業医として、働く女性をサポート。『オトナ女子をラクにする心とからだの本』『人生たいていのことはどうにかなる』など著書多数。

『クロワッサン』1096号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. からだ
  3. 「寄せる」ポーズでゴールをはっきりさせる【Dr.高尾美穂のカラダとココロの整え方】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載