からだ

【スープ作家の有賀薫さん】スープを通して、暮らしを支えたい。

〈連載〉ずっと会いたかった人(50)。作り手も疲れない。簡単なのに、おいしい。そんなレシピを次々と教えてくれる人気のスープ作家の、これからチャレンジしたいこと。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘア&メイク・レイナ 構成&文・越川典子

睡眠・運動にスープがあれば、人は自然と整ってくる。

有賀さん考案のミニキッチン「ミングル」に鍋をかける。ここで作り、食べ、片づける一連の流れが完結するようにデザインされている。

●お皿にもなる「フライパン ジュウ」(7,700円税込)と有賀さんの新刊『ライフ・スープ』(1,650円税込)をセットにして5名様にプレゼント!

「鉄製のお皿」と呼びたくなる「フライパン ジュウ」。外せる木製のハンドルと並べると「10」の字になることから、このネーミングとなった。
そのままテーブルに出せて、「つくる」と「たべる」を一つにしたデザインが美しい。プレゼントはMサイズ(内径20㎝)7,700円(税込)を5名様に。(問合せ・TENT×藤田金属(株) TEL 072・949・3221) 

有賀薫さんの新刊『ライフ・スープ くらしが整う、わたしたちの新定番48品』(1,650円税込 プレジデント社刊)とセットにしてプレゼント。

どしどしご応募ください。

↓応募は以下の記事画面から↓


一年365日、毎朝スープを作り続けて10年になった有賀薫さん。
レシピ数は3500。その集大成として『ライフ・スープ』が9月末に発売されるという。

「大変な日もうれしい日も、私たちの暮らしを支えてくれたのがスープでした。だから、ライフ=暮らし。手間いらずでおいしい。あるとうれしい。そんなスープを暮らしの中心に据えると、誰もが生きやすくなることを知ってほしい」

生きやすさとは? と聞くと「整えること」と有賀さんは答えてくれた。

デルメッド バーム クレンジングとウォッ
シング マイルドの2品が最近のお気に入り。とくに、洗顔料の泡立ちがキメ細かで秀逸
冬も夏も食べるという「簡単サムゲタン」。手羽や鶏もも肉を使うので、ハードルが低い。
趣味の域を超えた絵画は、「食」がモチーフ。「大好きなりんごだけ描いていた時期も」

「衣食住を整えるヒントを求めて、国内外の旅に今、目が向いています」  

たとえば香川県のいりこ、長野県のりんご、静岡県のサクラエビ……。

「その土地、その土地の食材や料理法、風土を見て感じとる。あえてふらふらしようと(笑)。そして、何かが発酵するのを待って表現していく。今までと違うアプローチで、これからの10年をスタートさせようと思っています」


●お皿にもなる「フライパン ジュウ」(7,700円税込)と有賀さんの新刊『ライフ・スープ』(1,650円税込)をセットにして5名様にプレゼント!

「鉄製のお皿」と呼びたくなる「フライパン ジュウ」。外せる木製のハンドルと並べると「10」の字になることから、このネーミングとなった。
そのままテーブルに出せて、「つくる」と「たべる」を一つにしたデザインが美しい。プレゼントはMサイズ(内径20㎝)7,700円(税込)を5名様に。(問合せ・TENT×藤田金属(株) TEL 072・949・3221) 

有賀薫さんの新刊『ライフ・スープ くらしが整う、わたしたちの新定番48品』(1,650円税込 プレジデント社刊)とセットにしてプレゼント。

どしどしご応募ください。

↓応募は以下の記事画面から↓


有賀薫さんの、もっと深い話はdermed styleで!

スキンケアブランド「デルメッド」のWebマガジン『デルメッド・スタイル』。さまざまなジャンルで活躍する女性たちのライフスタイル、日々のカラダをメンテナンスするレシピ、美容成分図鑑……美しく生きるヒントが見つかります。

有賀薫さん  スープ作家

ありが・かおる●ライター業のかたわら、2011年からスープ作りを始め、メディアで発信。『スープ・レッスン』『こうして私は料理が得意になってしまった』など著書多数。

問合せ先・デルメッド 〈フリーダイヤル〉0120-847-447 www.dermed.jp

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。