からだ
くらし

減塩でも絶品、白身魚の磯辺揚げ【吉田愛さんの減塩おつまみレシピ】

塩味をぐっと控えても、お酒が進む味を追求できる。「おつまみ=塩がきいている」という認識を、がらりと変えるレシピを紹介。
  • 撮影・黒川ひろみ

白身魚の磯辺揚げ

【これで減塩】普段は脇役の青のりが味わいの主役に。衣にたっぷり加えることで魚の美味しさが増す。

ビールを美味しくする、スパイシーなボリュームつまみ。

少量の塩で、くさみを取りつつ旨味を引き出す。

【材料(2人分)】
白身魚の切り身(鯛、すずき、たら等)2切れ
塩 少々
A[小麦粉 大さじ4、水 大さじ3と1/2、青のり 小さじ1]
揚げ油(サラダ油)適量

【作り方】
1.魚は塩を軽くふる。5分おいて水気をふきとり、一口大に切る。Aは混ぜ合わせる。
2.鍋にサラダ油を深さ1cmほど注いで中火で熱し、1の魚にAをまぶして油に入れる。からりとするまで上下を返しながら3〜4分揚げ焼きにする。味をみて塩を軽くふっても。

香り、旨味、食感を活かせば、 減塩でも絶品!

「おつまみといえば、塩味がきいていて、一口食べてグビグビッとお酒を飲んで……というイメージがあるかもしれません。もちろん、それも捨てがたいのですが(笑)」と笑うのは、唎酒師の資格を持ち、日本料理店で働いていた経験もある料理研究家の吉田愛さん。

「お酒を美味しくするおつまみに、必ずしも濃い味付けは必要ありません。ただ、塩を減らすなら、香辛料や香味野菜、味の出る食材の力を借りて、しっかりと素材の旨味を引き出すことが大切です。揚げ衣やナッツの食感を足してもいいですね」

素材が活きた、軽やかな減塩おつまみのアイディアを実践してみよう。

吉田 愛

吉田 愛 さん (よしだ・あい)

料理研究家

京都での修業経験や唎酒師の資格を持ち、和食やおつまみに定評が。著書『2品献立でかんたん和食』が好評発売中。

『クロワッサン』1076号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。