からだ

下半身の冷えに「腰骨・そけい部ほぐし」【崎田ミナさんのコミックエッセイ】

健康に関するコミックエッセイで人気の崎田ミナさんも、夏疲れには悩まされている。自分なりに工夫を加えたほぐし方を、症状別に教えてもらった。
  • 漫画・崎田ミナ

もともとマッサージマニアだった崎田ミナさん。オイル、リンパ、リフレクソロジー、整体、タイマッサージほか数々の施術に通ったそう。

「少しずつ覚えて、家族や友だちにやってあげて喜ばれていました」

本も読んだけれど、いまひとつ腑に落ちず、自分で取材することに。

「専門の先生方に直接話を聞くことで、どこを刺激するとどう影響が出るのか、理屈がよくわかりました」

そうして生まれた著書から、今回は夏疲れに特化した「ほぐし方」を紹介。

「マッサージって、自分で自分にできるの?という声をよく聞きますが、もちろんできます。夏の疲れには、頭、お腹、腰を集中的に繰り返しやっています。自分なりに工夫してやりやすい順番にしました。参考にしてください」

下半身の冷えに 「腰骨・そけい部ほぐし」

骨盤内の血流がよくなり、ウエスト、太もものむくみが取れてスッキリ。脚も軽くなる。

※「深部リンパ節ほぐし」は循環器系などの疾患、痛みがある人、熱や炎症がある人、健康に不安がある人は控えてください。

崎田ミナ

崎田ミナ さん (さきた・みな)

イラストレーター

イラストレーター、漫画家。『ひとりほぐし』(日経BP)、『くう、ねる、うごく! 体メンテ』(マガジンハウス)ほか、著書多数。

『クロワッサン』1073号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。