からだ

ローズウォーターの香りで、女子力を底上げ。

更年期でも、工夫次第で、いくらでも心と体の調子を上げることはできる!
旅行ジャーナリストのたかせ藍沙さんが、心ときめかせている方法を参考に。
  • 撮影・中島慶子 文・田村幸子

世界のバラ畑を巡りその香りに惚れ込む。 飲むバラの蒸留水は女子力を底上げする。

世界各地のスパを取材するたかせ藍沙さんが、バラの香りに、心を奪われ惚れ込んだのは、モロッコだった。

「10数年前の5月、ちょうどダマスクローズの収穫時期でした。摘みたてのむせ返るような密度の濃いバラの香りに耽溺しました」

その後、イランのバラの谷でローズウォーターを飲むことを知った。

「化粧水のように肌につけるもの、と思っている方も多いですが、飲むのがベストです。私は毎日10~20mlを水で割って飲んでいます。
夏は炭酸水、冬はお湯で割ると香りが立っておいしい。飲み始めて2週間ほどで足や頭皮など気になる体臭が消えました。半年ごとに血液検査をしていますが、女性ホルモン系の数値は変わらないのに、体調がよくなり、私もびっくり。バラの香りで気分も上がりますよ」

女性医療クリニックLUNAグループ理事長で医学博士の関口由紀さんのひとこと

香りのなかでもローズは、クレオパトラの時代から女性の美と健康に選ばれてきました。その香りをまとったり、嗅ぐだけでなく飲料にするのは、とても贅沢なことですね。

「ヴァレデローズ プレミアムローズウォーター」はダマスクローズの花弁を天然水で煮て蒸留した100%天然由来の芳香蒸留水。お湯や冷水で20~30倍に希釈。500ml 6,480円。

*ヴァレデローズ https://vallee-des-roses.jp/
試飲やトリートメントが受けられるサロンが銀座にある。
●東京都中央区銀座7・14・13・1117 TEL.03・6226・6936

たかせ藍沙 さん (たかせ・あいしゃ)

旅行ジャーナリスト

東京都生まれ。渡航歴70カ国超、170回以上。世界のスパも300軒以上取材で訪れた。『魅惑のモロッコ』『ファーストクラスで世界一周』など著書多数。

『クロワッサン』1070号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。