からだ

タンゴセラピーで女性ホルモンのスイッチオン。

更年期でも、工夫次第で、いくらでも心と体の調子を上げることはできる!
女性の疾患や悩みに寄り添う女性医療クリニックLUNAグループ理事長で医学博士の関口由紀さんのコメントも参考に。
  • 撮影・中島慶子 文・田村幸子

官能的な音に乗って、触れ合うことで生まれる2人の世界。

アルゼンチンタンゴは、男女が組み、抱擁(アブラッソ)することから始まるダンス。踊れるようになるには、ある程度の練習が必要だが、誰でも体験できるようにしたのがタンゴセラピー。代表のカロリーナさんは、

「日本人はハグの習慣もないし、人と触れ合う機会が少ない。だからこそ必要だと思います。肌が触れ合うと心も触れ合えます。タンゴセラピーを体験するとみんな姿勢がよくなり、いい笑顔になりますよ」と言う。

講師の関さんは、アルゼンチンタンゴ歴10年以上。

「抱擁したり手を取り合ったりすると、ラブホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌され、音楽に合わせてステップを踏むと、幸せホルモンのセロトニンが増えます。セラピーと初心者レッスンはほぼ同じなので、ぜひ一度体験を」と魅力を語る。

女性医療クリニックLUNAグループ理事長で医学博士の関口由紀さんのひとこと

体のラインが出るきれいな衣装を身に着けてハイヒールをはくだけで女性ホルモンのスイッチが入ります。抱擁して音楽に合わせて踊るのは最高。タンゴセラピーは最強のメソッドですね。

アブラッソ(抱擁)はタンゴの基本姿勢。男女がペアになって踊る「非日常感」が女性ホルモンを刺激する。
音楽に合わせ前後左右にステップすると、脳神経にもよい働きが。

*日本タンゴセラピー協会理事のKennyさんのクラスが、東京・四谷三丁目の「タンゴチケ」(https://tangochique.com)で、毎週火曜の12時~12時55分に開かれている(曜日・時間は変更の可能性あり)。タンゴシューズではなく靴下で参加でき、ごく簡単なステップだけなのでタンゴ初心者におすすめ。

アルベリシ・カロリーナ さん

日本タンゴセラピー協会代表

アルゼンチン出身。1991年に来日し、名古屋でアルゼンチンタンゴ教室を主宰。2009年日本タンゴセラピー協会を設立。

杏 喜子 さん (あんず・よしこ)

DAWN Perfumeディレクター

香りスタイリスト。アメリカの調香師ドーンさんと出会い、2008年からDAWN Perfumeを日本で展開。パーソナルコンサルテーションも。

『クロワッサン』1070号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。