からだ
くらし

わらび餅のようにぷるぷる、甘酒ごま餅【榎本美沙さんの発酵おやつレシピ】

発酵食品の自然な甘みを生かしてお菓子作り。
体にやさしいのはもちろん、簡単に作れて、やみつきになる味わいです。
  • 撮影・三東サイ 文・黒澤 彩

甘酒ごま餅

甘酒と片栗粉を練りながら加熱するだけで、わらび餅のようなぷるぷるの餅ができあがる。時間が経つと少し固くなるので、できたてを熱いほうじ茶とともにどうぞ。

【材料(3~4人分)】
甘酒(米麹/ストレートタイプ)1カップ
片栗粉 大さじ3
黒すりごま 大さじ1
A[きなこ 大さじ2、砂糖 小さじ2、粗塩 ひとつまみ]

【作り方】
1.
Aはバットに入れ、混ぜておく。
2.鍋に甘酒、片栗粉、黒すりごまを入れて混ぜる。弱めの中火にかけ、木べらで混ぜながら加熱する。
3.ねっとりしてきたら弱火にし、さらに4~5分練り混ぜる。しっかりともっちりしたら、濡らしたスプーン2本で一口大ずつ取り、1のバットに入れ、Aをまぶす。

榎本美沙

榎本美沙 さん (えのもと・みさ)

料理家、発酵マイスター

発酵食品や旬の野菜を使ったシンプルなレシピ、季節の手仕事を提案。最新刊は『からだが整う"ひと晩発酵みそ〟』(主婦と生活社)。instagram@misa_enomoto

『クロワッサン』1061号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。