からだ
くらし

鯵の干物のアクアパッツァ【遠藤文香さんのレシピ】

余分な水分が抜け、魚臭さが少ないのが干物のいいところ。いろいろな料理に変化させることで、ワンランク上のおいしさに出合えます。
  • 撮影・三東サイ 文・斎藤理子

鯵の干物のアクアパッツァ

鯵の干物は皮目を下にフライパンに入れ、8割程度火が通るまで焼く。

いろいろな食材から出るだしを吸ってふっくらとした鯵の干物は、ただ焼いただけとは別物のおいしさ。バジルやディルなどのハーブはたっぷりめがおすすめ。

【材料(3〜4人分)】
鯵の干物 2枚
にんにく 2かけ
オリーブオイル 大さじ3
あさり(殻付き)300g
ミニトマト 10個
黒オリーブ(塩水漬け。種なし)10粒
白ワイン 100ml
バジルやディルなど好みのハーブ 適量

【作り方】
1.にんにくは芽を取って潰す。あさりは砂抜きをして殻をこすり洗いする。黒オリーブは半分に切る。
2.オリーブオイル大さじ2、にんにくをフライパンに入れて弱火にかけ、にんにくの香りが立ったら中火にし、鯵の干物を皮目から入れて焼き目がついたら裏返す。
3.2にあさり、黒オリーブ、ミニトマト、白ワインを加えて蓋をし、あさりの口が開くまで煮込む。
4.オリーブオイル大さじ1を回しかけ、フライパンをゆする。
5.火を止めて好みのハーブをたっぷり散らす。

旨みが濃いから味付けも簡単。

「干物は食材と調味料が一緒になっているイメージ。料理に取り入れても味付けに失敗しないのがいいですね」、という遠藤文香さん。ご飯にも酒の魚にも合うのが魅力だそう。青魚好きなので、鯵や秋刀魚、鰯、鯖などでのアレンジを楽しんでいる。

遠藤文香

遠藤文香 さん (えんどう・ふみか)

フードスタイリスト

料理本や雑誌などでのフードスタイリングが人気。友人を招いて、飲みながら料理をするのが何より好き。著書に『和食器のある暮らし』(宝島社)など。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。