からだ

【江川悦子さん】顔を造るとき、人格も創る。美はそこに宿ると思うから。

〈連載〉ずっと会いたかった人(41)。おそらく、この人の作品を見たことがない人はいない。日本の特殊メイク界を牽引する第一人者の登場です。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘア&メイク・レイナ イラストレーション・山本祐布子 構成と文・越川典子

顔は、面白いですね。感情も意思も表れます。

江川悦子さん (えがわえつこ/特殊メイクアップアーティスト。)●数多の俳優のライフマスク。映画で、TVドラマで、CMで、バラエティで、江川さんの手による特殊メイクを施された。時代劇のかつらも「軽い、痛くない、ラク」と、俳優陣の評価も高い。

■ 江川悦子さん愛用のアクリリックのリュックバッグL(レンズホワイト)20,350円を、3名様にプレゼント。

リュックがトレードマークになっている江川さん。愛用のリュックバッグLをプレゼントします。デザイナーは、アクリリックの坂雅子(ばん・まさこ)さん。坂さんは、産業資材の魅力に惹かれ、シンプルで丈夫で、しかも軽いバッグやアクセサリーを作り続けています。素材から製造まで、すべて日本製。リュックバッグL(レンズホワイト)幅35×高さ40×奥行10(cm)。

↓応募は以下の記事画面から↓


壁にずらりと並ぶ、俳優たちのライフマスク。メイクアップディメンションズの工房には、制作中の巨大な動物や人の首が。これは妖怪? 宇宙人も?

「ふふ。楽しいでしょ」と笑う江川悦子さんは、この工房を率いる特殊メイクの第一人者だ。映画やTV、CMなどの映像作品は1500を超えた。

「平面メイクと違って、特殊メイクは造形。老けメイクも、坊主メイクも、皮膚から造りあげていき、顔を動かしても自然にシワが出るように造ります」

睡眠中にエイジングケアしてくれる夜用美容液。デルメッド ナイトリッチ 30mL(1万1000円)。「翌朝のふっくら感が、今日も頑張ろうと思わせてくれる」(江川さん)

舞台『マスター・クラス』で黒柳徹子さんが主人公のマリア・カラスを演じたときは、特徴のあるつけ鼻をつけた。

「リアルに造りあげるのは、台本の設定が非日常であるほど、役に入るとっかかりが必要になるから。このメイクのおかげで毎日すっと役に入れる、と言ってくださったのが、うれしかったですね」

動物も造る。誰も見たことのない妖怪や宇宙人を創造するのは、大変だが楽しい仕事でもある。
右半分は高齢女性、左半分は若い女性の模型は、中国映画に参加した際プレゼンで使用。「老けメイクに首のシワは不可欠。動かすと伸びて、また元に戻るように造るのが腕の見せどころです」
第41回日本アカデミー賞協会特別賞を受賞。当時、造った自分の顔と。今のほうが若い!

まるでイリュージョンのように数々の「顔」を造ってきた江川さんにとって、女性の美しさとは何か、聞いてみた。

「魅力的な人は、眉の表情、目の動き、口元のライン、発する言葉……それらすべてが人格を創り出しています。美しさとは、そういうものではないでしょうか」


■ 江川悦子さん愛用のアクリリックのリュックバッグL(レンズホワイト)20,350円を、3名様にプレゼント。

リュックがトレードマークになっている江川さん。愛用のリュックバッグLをプレゼントします。デザイナーは、アクリリックの坂雅子(ばん・まさこ)さん。坂さんは、産業資材の魅力に惹かれ、シンプルで丈夫で、しかも軽いバッグやアクセサリーを作り続けています。素材から製造まで、すべて日本製。リュックバッグL(レンズホワイト)幅35×高さ40×奥行10(cm)。

↓応募は以下の記事画面から↓


江川悦子さんの、もっと深い話はdermed styleで!

スキンケアブランド「デルメッド」のWebマガジン『デルメッド・スタイル』。さまざまなジャンルで活躍する女性たちのライフスタイル、日々のカラダをメンテナンスするレシピ、美容成分図鑑……美しく生きるヒントが見つかります。

江川悦子 さん (えがわ・えつこ)

特殊メイクアップアーティスト。

ハリウッドで学び、帰国後、メイクアップディメンションズを設立。NHK大河ドラマ、北野武監督、三谷幸喜監督作品など、映画、ドラマ、CMを手がける。東京ビジュアルアーツ特殊メイク学科非常勤講師、大阪樟蔭女子大学客員教授。

問合せ先・デルメッド 〈フリーダイヤル〉0120-847-447 www.dermed.jp

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。