からだ
くらし

蒸しきのこの塩麹和え【牧野直子さんの免疫を司る腸の環境をよくする副菜レシピ】

免疫力を上げてくれる食材は、常備菜にして毎日食べよう。
  • 撮影・青木和義、小林キユウ、岩本慶三、黒川ひろみ 文・葛山あかね

[きのこ]毎日摂りたいきのこは手軽で便利な常備菜に

免疫力アップに有効な食材の筆頭といえばきのこ。食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれるだけでなく、きのこに含まれるβ(ベータ)-グルカンには腸内の免疫細胞に直接働きかけて活性化するという働きも。

蒸しきのこの塩麹和え

【材料】作りやすい分量
えのき …… 大1パック(正味180g)
しめじ … 小1パック(正味100g)
まいたけ …… 1パック(正味100g)
塩麹(塩分13%のもの。商品の塩分によって量を加減してください) …… 30g

【作り方 】
1.
えのきは2〜3cm幅に切り、しめじとまいたけはほぐす。
2.耐熱皿に1を入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で4分加熱する。
3.塩麹を加えて和える。

牧野直子

牧野直子 さん (まきの・なおこ)

料理研究家、管理栄養士

栄養素や成分を熟知しつつ、身近な食材を使って誰でも真似できる料理を提案。生活習慣病の予防・改善から、肥満に悩む子どものためのダイエット指導まで行うスペシャリスト。

『Dr.クロワッサン 最新版 免疫力が上がる食べ方』(2020年5月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。