からだ
くらし

ご飯にのせればもうご馳走、玉ねぎひたすら炒め葛仕上げ【腸から温まる、たなかれいこさんのレシピ】

「歳を重ねると体が弱くなるとか、免疫力が落ちると言うけど、そんなの思い込みです」。
そう語るたなかれいこさんは、ここ40年間医者知らず。これといって不調もなく、むしろ「いまがいちばん調子いい」状態が毎年続いているとか。どうやらその秘密は食べ方にありそうです。そこで早速、厨房を訪ねることに。楽しそうに調理をするたなかさんの料理には体を冷やさず、腸を温めるための知恵や工夫が詰まっていました。
  • 撮影◦青木和義 文◦葛山あかね

天然醸造の醤油は腸内細菌にとっていちばんのご馳走

たなかさんの料理の中でも人気が高い玉ねぎのひたすら炒め。塩気だけでなく旨味や甘味、酸味を含む天然醸造の醤油を使うことで玉ねぎの甘味が引き立ち、ご飯にのせればもうご馳走。

また、きちんと発酵させた醤油には乳酸菌も豊富。腸が喜ぶこと請け合いです。

玉ねぎひたすら炒め葛仕上げ

【材料】作りやすい分量
玉ねぎ …… 中4個
オリーブオイル …… 大さじ4
醤油 …… 大さじ4~
溶き葛粉 …… 適宜

【作り方】
1.
玉ねぎを縦2等分に切り、切り口を伏せて繊維に沿って1cm幅に切る。
2.鍋にオリーブオイルをまわし入れ、1を加えてオイルコーティングするように混ぜる。
3.蓋をして鍋を中火にかける。鍋中が熱くなったら、ごく弱火にする。
4.玉ねぎがくたくたになったら、やや強火にし、醤油をまわし入れてよくかき混ぜる。
5.醤油が玉ねぎの中に染み込んだら溶き葛粉を加え、よくかき混ぜながら2~3分火を通す。

玉ねぎがクタクタになるまで火を入れる。写真は途中。
醤油は大さじ4〜。大丈夫。恐れずに加えましょう。
玉ねぎの中が醤油色に染まるまで火を入れて。
葛粉でまとめて。葛にはお腹を温める効果あり。
たなかれいこ

たなかれいこ さん

食のギャラリー612主宰

「たべもので美しく、健康に」を提案する料理家。たべもの教室を主宰する傍ら、長野県蓼科で自ら無農薬・無肥料・無耕起で野菜を栽培。著書に『がんばらない料理』『たべるクリニック』など。

『Dr.クロワッサン 最新版 免疫力が上がる食べ方』(2020年5月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。