からだ

マスクで肌荒れ、乾燥、消毒荒れ。気になる症状を解消する方法。

今まで肌トラブルと無縁だった人が、急に吹き出物ができたり、と思わぬ症状に悩むことが多い昨今。
マスク時代の肌を健やかに保ち、トラブルの少ない肌に導く方法を専門医に聞いた。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・大澤はつ江 イラストレーション・松元まり子

今やマスクは日常生活に手放せないアイテムだが、長時間の着用から、肌トラブルに見舞われる人も少なくない。

「顔がガサガサになってしまった、ニキビが急にできたなど、いろいろですが、特に口周りのトラブルが目立ちます」

と医師の廣瀬能華さん。なぜ、マスク着用でこのような症状が起こるのだろうか?

「肌の乾燥が一番の原因ですね。マスク内部は湿度が高くなり、蒸れた状態です。一方、外気は気温が低い。この温度差が乾燥を引き起こします。マスクを付けたり外す度に肌の水分が失われてしまう。また、マスクの素材などで擦れ、肌に傷がついていることも多いんです。すると、肌のバリア機能が低下してしまいます。そこに菌が付着し、吹き出物などの要因になることも」

肌トラブルを解消するには、乾燥を防ぎ、肌のバランスを整え、バリア機能を戻すことが重要だと。

「毛穴に詰まった汚れを取り、もろくなった角質層の深くまで届く有効成分が配合されたローションで保湿。紫外線対策をきちんとすればダメージは避けられます」

肌に潤いをもたらす成分として有効なのは、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンに加えて、ビタミン類やミネラルも肌の新陳代謝を助け、ターンオーバーを促す。

「ビタミンEが配合された軟膏は血行を促し、傷ついた肌を修復してくれます」

気軽に使える使い切りタイプの不織布(ふしょくふ)からシルクまで、マスク素材は多岐にわたっている。

マスクの素材も吟味して。 肌に優しい素材の物を。

「肌への負担が少ないもの、例えばガーゼやシルクがおすすめですが、不織布タイプでも内側にガーゼや、柔らかいシート状のものを入れるだけで、肌との摩擦が少なくなり、肌荒れを起こすことが解消されるので、工夫してみてください」

乾燥を防ぎ、肌を清潔に保つことがトラブル回避には有効だが、症状が改善しない場合は皮膚科医に相談して早めの処置を。

肌荒れ防止には、マスク選びも肝心。

マスクの材質はガーゼタイプなど、肌に負担を掛けない柔らかいものを選ぶといい。不織布タイプは擦れて肌に負担をかけることもあるので、内側にガーゼや、柔らかいシートを入れるといい。

マスクの下で起こりがちな肌荒れ症状。

(A)赤ら顔
頬からアゴにかけて赤みを帯びて火照った感じに。顔全体で起こることも。

(B)ほうれい線
小鼻から口の両側を通り、口元にかけて伸びるライン。

(C)赤いブツブツ
鼻の下、口周り、アゴなどに赤く吹き出物ができる。

(D)皮むけ
乾燥で、ボロボロと皮膚がはがれてしまうことも。顔全体で起こる場合もある。

(E)マリオネットライン
口角からアゴへと下に伸びるラインで、ほうれい線の下に。

【長時間のマスク着用でこんな症状が現れることも。】

赤ら顔

加齢に伴い、真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減り、表皮自体が薄くなり、毛細血管が透けて見え、赤ら顔になることもある。また、顔が火照ったような赤みを帯び、まるでお酒を飲んでいるように見えることから『酒(しゅ)さ』と呼ばれることも。『酒さ』は体質もあるが、マスクの内外の温度差や高温多湿が原因ともいわれる。

ほうれい線

表情筋が衰えたり、真皮内のコラーゲンの劣化や減少などで肌はダメージを受ける。するとハリや弾力を失い頬を支える力が弱まってしまう。また、乾燥でも失われていくので、ほうれい線がくっきりと刻まれてしまう。保湿力のある化粧品でケアが有効。

赤いブツブツ

マスクが肌と擦れることで傷がつき、バリア機能が低下してしまう。そこに、マスク内の湿気が加わり、菌が繁殖することで吹き出物ができる。人のいない場所でマスクを外し、外気に触れて湿気を逃すだけでも効果がある。膿(うみ)が出たり、かゆみがひどい場合は皮膚科医に相談し、処置を。

皮むけ

乾燥により、皮膚の一番外側にある角質層の水分が減少し、細胞同士がくっついていられなくなりはがれてしまい起こる。肌の水分や油分を補う保湿ケアでバリア機能の低下を防ぐといい。ひどい皮むけの場合は皮膚科で相談を。

マリオネットライン

ほうれい線の下にできるライン。表情筋を支える靭帯(じんたい)が加齢とともに弾力を失い、頬の筋肉を支えられなくなり、重力により下に引っ張られラインができてしまう。また、マスク生活で会話をあまりしなくなり、大笑いする機会も減っている。結果、肌の弾力が失われて垂れてしまうことに。マスク内部で口の筋肉を動かすといい。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。