からだ

正しい姿勢のために、日々の習慣にしたい足裏ほぐし。

鍼灸師であり指圧師の石垣英俊さんに教わります。
  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓

実は重要。足裏ほぐしを日々の習慣に。

さまざまな内臓に関わるツボや反射区が多く存在する足の裏。それだけでなく、本来、足の裏には内側と外側を通る縦アーチ、親指と小指を横断する横アーチの3つのアーチがあり、正しい姿勢や歩くときのバランスを保っている。

ところが、靴を履く生活をするようになって足裏への刺激が減り、アーチが失われると悪姿勢や歩行の乱れ、さまざまな不調に繋がることも。日頃からの調整を。

【このあたり】

(足裏)をマッサージ

椅子に座って左足を右太ももの上に乗せる。左手で足の甲から指先を下から支え、右肘を足の裏の中心部分に当てて圧をかける。逆も。

手でしっかり支えて肘で圧をかける。

テニスボールを使った(足裏)をマッサージ

椅子の背を片手で掴んで、左足をテニスボールの上に乗せたら、かかとから親指の腹部分までコロコロと転がす。逆足でも。

体重をかけて転がし、ボールの刺激を得る。

石垣英俊

教えてくれたのは

石垣英俊 さん (いしがき・ひでとし)

鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師

静岡県出身。臨床家の父親に鍼灸治療を師事。体の痛みや不調に悩んでいる人へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ(R)代表。著書多数。

『Dr.クロワッサン 痛みとコリをすっと消す、自分でできる整体』(2020年4月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。