からだ

骨盤の関節を動かすモビリゼーションで歪みをリセット。

関節の動きが悪くなると、筋肉や他の関節に負担がかかります。もちろん背骨にも。
関節を自分で揺らすように動かして、本来の動きを取り戻す方法を紹介します。
鍼灸師であり指圧師の石垣英俊さんに教わります。
  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓

骨盤の関節の微細な歪みをリセット。

骨盤の関節を動かして本来の動きを取り戻す。

骨盤に関節があることを自覚している人は少ないが、中央にある仙骨と仙骨の左右にある腸骨の繋ぎ目を仙腸関節という。周囲の靭帯(じんたい)によって固く連結されているので動く範囲は小さい。けれど、関節にわずかな歪みが生じることで腰痛を引き起こすことも。

そこで、お尻を左右に動かして仙腸関節をリセット。

(ヒップローリング)モビリゼーション

バスタオルを畳んだ枕に頭、筒状に丸めたフェイスタオルに腰を乗せて仰向け姿勢になる。両手の手のひらを床の上につけて両膝を立てる。
 ↓

両脚を揃えて床から引き上げたら、左右の手で膝を掴む。膝の角度は90度。このとき、お尻を完全に床から浮かせ体重を腰に乗せるように。
 ↓

バランスをとりながら骨盤から下をまず左側に傾ける。左右の手で膝を左方向に誘導し、右の腰を浮かせて左の仙腸関節に体重を乗せる。
 ↓

次は反対。骨盤から下を右側に傾ける。左の腰をタオルから浮かせて右の仙腸関節に体重が乗るようにローリングさせる。数回繰り返し。

石垣英俊

教えてくれたのは

石垣英俊 さん (いしがき・ひでとし)

鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師

静岡県出身。臨床家の父親に鍼灸治療を師事。体の痛みや不調に悩んでいる人へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ(R)代表。著書多数。

『Dr.クロワッサン 痛みとコリをすっと消す、自分でできる整体』(2020年4月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。