からだ

体幹の筋肉を総動員させるブリッジで歪みを整える。

「体幹」の名のとおり、腹筋やそのさらに内側にある筋肉は、内臓や背骨を支えていて、
姿勢を安定させるために大切な働きをしています。体幹を衰えさせないことが不可欠です。
体幹強化のエクササイズを鍼灸師であり指圧師の石垣英俊さんに教わります。
  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓

背骨を意識し、体幹全体を刺激する。

ブリッジは、背骨、お腹、骨盤まわりといった体幹の筋肉を総動員させるエクササイズ。シンプルな動きだが、繰り返し行うことで骨盤の位置を調整し、歪み(ゆが)を整えることができる。

お尻を床から引き上げるときに背中のS字カーブを意識すること。太ももをしっかり引き締めることも大事なポイント。

呼吸を止めずにフィニッシュのポーズをしっかりキープのこと。

ブリッジで体幹強化

床に仰向けになり、両膝を立てる。両足は腰幅程度に開き、両手は体からやや離れた位置で手のひらを床につける。
 ↓

両手でバランスをとり、息を吸いながら、背骨のひとつひとつを床から引き上げていくつもりで上体をゆっくりと引き上げる。
 ↓

肩から膝までが一直線になるまで上体を引き上げたら、3〜5呼吸キープ。体を反らしすぎたりお尻が下に落ちないように。

【上から】太ももを引き寄せる意識をもって行うこと。

NG

両膝が開くと体幹への負荷が逃げる。

石垣英俊

教えてくれたのは

石垣英俊 さん (いしがき・ひでとし)

鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師

静岡県出身。臨床家の父親に鍼灸治療を師事。体の痛みや不調に悩んでいる人へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ(R)代表。著書多数。

『Dr.クロワッサン 痛みとコリをすっと消す、自分でできる整体』(2020年4月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。