からだ

腰痛を防ぐ、ふくらはぎのストレッチ。

背骨に限らず、骨は筋肉によって支えられています。その筋肉が固まれば、背骨に歪みが生じます。
その歪みがさらに不調を呼び……。ストレッチで筋肉をほぐし、背骨を健康に。
鍼灸師であり指圧師の石垣英俊さんに教わります。
  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓

ふくらはぎの血行を促し、腰痛を防ぐ。

椅子に座っている時間が長い現代人は、ふくらはぎの筋肉が硬くなりがち。ふくらはぎの血行が悪くなることで太もも裏や臀筋が硬くなり、腰痛を引き起こすことも。

また、ふくらはぎの筋肉の左右差が大きいと重心が不安定になり、歩行がアンバランスな状態に。その結果、背骨への負担が増して、やはり腰痛が引き起こされるリスクが増す。ふくらはぎの深層のヒラメ筋をしっかりストレッチ。

左足を一歩前に出し、右膝を床につけて両手を左膝の上に置く。背すじはまっすぐ。
 ↓

右脚の膝から下を内側にずらして、足の裏を外側に向ける。膝の位置は動かさずに。

【正面】右脚の膝から下だけを内側にずらす。
 ↓

上体を前に倒して体重を左足に乗せる。3〜5呼吸キープ。反対側も行う。

【正面】背すじを伸ばしたまま体重を左足にかける。

石垣英俊

教えてくれたのは

石垣英俊 さん (いしがき・ひでとし)

鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師

静岡県出身。臨床家の父親に鍼灸治療を師事。体の痛みや不調に悩んでいる人へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ(R)代表。著書多数。

『Dr.クロワッサン 痛みとコリをすっと消す、自分でできる整体』(2020年4月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。