からだ
くらし

腸内環境を整える、飲む甘酢【藤井恵さんの朝のスープレシピ】

腸の健康のために有効な食材は「朝食でしっかり摂っておく」のが藤井恵さんのマイルール。
毎日続けることが大事だからこそ、忙しい朝でも手軽に作れるスープが活躍するといいます。
  • 撮影・岩本慶三 文・葛山あかね スタイリング・本郷由紀子

優しい酸味でするりと飲めます。

藤井さんにとって発酵調味料である「酢」は、腸を健康にするための必須アイテムです。

「酢は蠕動(ぜんどう)運動をうながしてお通じを良くしてくれるし、酢に含まれるグルコン酸が善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるんです」

そんな藤井さんが最近、よく作るのが「飲む甘酢」。酢に旨味のあるだしや醤油、砂糖を加えればごくごく飲めておいしい甘酢に。

今回は、その中に腸が喜ぶめかぶや納豆、大和芋、オクラなど粘りのある食材をたっぷり入れて。ひんやり冷やしておけば喉元をするりと通る、すっきりとした一品になるといいます。

「食欲が落ちる暑い夏場でも、朝、体に酢を入れておくと元気が出るし、腸も整いやすくなりますよ」

飲む甘酢

【材料】2人分
めかぶ ……… 2パック
大和芋 ……… 4cm幅
納豆 ………… 1パック
オクラ ……… 4本
おろし生姜 …… 少々
A 米酢 …… 大さじ1と1/2
  塩 ……… 小さじ1/4
  砂糖 …… 小さじ1
  醤油 …… 小さじ1/2
  だし …… 大さじ6

【作り方】
1.
大和芋は皮を向いてすりおろし、オクラはゆでて小口切りにする。Aは混ぜておく。
2.器にめかぶとA少々をかけ、その上に納豆、大和芋、オクラの順にのせて残りのAをかける。
3.最後におろし生姜を添える。

藤井 恵

藤井 恵 さん (ふじい・めぐみ)

管理栄養士・料理研究家

手軽な健康レシピを提案。腸活の一環として植物エキス発酵飲料+黒酢を水で割ったドリンクを愛飲。1年で中性脂肪が半分になったとか。近著に『腹凹ごはん』(日経BP)。

※プロフィールは取材時のものです。

『Dr.クロワッサン 免疫力アップの決め手、腸内環境を強くする』(2020年7月30日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。