からだ

丸まった姿勢をしゃんと伸ばす、腰割りに辛酸なめ子さんが挑戦。

体重もサイズも変わらないのに、姿勢を正すだけで痩せて見える。デスクワークに追われる辛酸なめ子さんが、背筋を伸ばしに、いざ!
  • 撮影・青木和義 イラストレーション・辛酸なめ子 文・一澤ひらり

股関節の衰えをチェックしてみよう。

□ 手を後ろに組んでしゃがむと、尻もちをつきそうになる。

□ 両手を腰に当て、片方の足を前後左右に振ると軸足がぐらつく。

□ 片足立ちで靴下がはけない。

□ 両足の間にお尻を落とす、いわゆる「女の子座り」ができない。

□ ふくらはぎや足首がむくみやすい。

□ 階段を上がる時、つまずくことがよくある。

□ 椅子にすわる時に、ドスンと腰が落ちる。

シュッとした、スマートな立ち姿に見せるには秘訣がある。それは意識的に姿勢を良くして、背筋を伸ばすこと。

「それだけで引き締まって、痩せて見えますよ。同じ人でもしゃんとしてるか、気を抜いてだらんとしているかで、シルエットが全然違いますからね」

とは、筑波大学教授で、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーマスターの白木仁さん。良い姿勢の最大の要になるのは股関節だと断言する。

「股関節は人体で最も大きな関節で、胴体と下肢をつなぎ、立つ、歩く、走るといった動きに関わる体幹の源です。この股関節周りの筋肉が弱っていると重心がぐらついて姿勢が崩れ、骨盤にも歪みが生じてしまいます」

股関節周辺にはひざを伸ばす大腿四頭筋や、脚を閉じたり腰を回転する時に使われる内転筋など、実にさまざまな筋肉が股関節を支えている。

今回、いかにスレンダーに見せることができるか、白木さんにアドバイスを求めたのは辛酸なめ子さん。

「股関節が姿勢の要だなんて思ってもみませんでした。股関節の衰えをチェックしてみたら(上表)、足を前後左右に振るとぐらつくし、立ったまま靴下をはこうとしたらよろけるし(笑)」

そんな辛酸さんの姿勢を一目見て、白木さんがこう指摘する。

「辛酸さんは骨盤が後傾していますね。そのためバランスを取ろうと頭と肩が前に出て猫背気味で、ひざも曲がりぎみになってしまう。日本人にありがちな姿勢ですが、スタイルからいうと比率がいい。脚が長くて腰高なんです」

では、姿勢を良くしてカッコよく見せるにはどうすれば? と辛酸さん。

スクワットと違い、大殿筋を使う腰割りはヒップアップ効果も。

「腰割りをすればいいんです。これは相撲で力士がシコを踏むときの基本の運動。脚を大きく開き腰を上下させることで、太もも前面の大腿四頭筋、内側の内転筋や裏側のハムストリングス、お尻の大殿筋や中殿筋など、股関節周りの筋肉の柔軟性を高められます」

と説明する白木さん。さらに続けて、

「腰割りによって重心が安定し、骨盤の歪みが矯正されるので、背筋が伸びてきれいなプロポーションになります。腰割りは立った姿勢から脚を左右に開き、ひざを曲げて腰を上下するだけの簡単な運動です。見た目が似ているスクワットと違って、ひざや腰に負担がかからないので、筋力の弱い女性や高齢者でも無理なくできるんです」

そんな白木さんの言葉に力を得て、辛酸さんも腰割りをやってみることに。まずは準備運動として浅い腰割りをして、腰を落とす重心を感覚でつかんでから、基本の腰割りにトライした。

「上体をまっすぐに保って、腰を上げ下げするのってつらいですね。でも、ちょっとやっただけなのに汗ばんできて、体がぐーんと伸びて気持ちいいです」

【姿勢を正しくする 「腰割り」とは、こんな体操です!】

準備運動

(A)サッと腰を落とす
(B)浅く

【サッと腰を落として正しい重心を確認】
足を肩幅より少し広めに開いて立ち、つま先を外側45度に開く。上体をまっすぐ立てて腰を浅く落とし、元に戻す。10回行う。

基本の「腰割り」

(A)手は丹田(おへその下)と腰の仙骨に当てる。
(B)肩幅より広く立ち、つま先を45度開く。
(C)上体はまっすぐに、背筋を伸ばす。
(D)ひざはつま先と同じ外側に向ける。

ひざをゆっくり曲げ、床と両脚で五角形ができるくらいまで腰を落としたらキープ。ゆっくりと最初の姿勢に戻る。10回行う。

基本を横から

上体をまっすぐキープしたまま、ひざをつま先方向に曲げて腰を落としていく。ひざは90度くらい曲げる。

応用編

つま先を90度に近い角度に開き、ひざをつま先方向に曲げて、両脚と床の形が長方形に近くなるまで腰を落とす。

前傾しそうな辛酸さんの体勢を直す白木さん。上体が前かがみになると腰を痛めやすい。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。