からだ
くらし

小ねぎ肉巻き塩麹こしょう鍋【藤井恵さんの代謝アップ痩せレシピ】

冷えやむくみを防ぎ、代謝を上げる食材をひと鍋にたっぷりと。藤井恵さんの体のめぐりがよくなる鍋のレシピ。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・荻野玲子 文・黒澤 彩

小ねぎ肉巻き塩麹こしょう鍋

(代謝UP食材)小ねぎ、生姜、黒こしょう

【材料(2人分)】
豚ロース薄切り肉 200g
A[塩麹 大さじ1、おろし生姜 1かけ分]
小ねぎ(長さ半分に切る) 1束
B[酒 大さじ3、水 大さじ3]
粗びき黒こしょう 適量

【作り方】
1.
ラップの上に豚ロース肉を縦に置き、端を少しずつ重ねながら横に広げ、Aを塗りつける。手前側に小ねぎをのせて巻き、長い1本の肉巻きにする。
2.1を3cmの長さに切る。
3.鍋に2を立てて並べ、Bをかけ、蓋をして中火にかける。蒸気が立ったら中火で7〜8分煮て、仕上げに黒こしょうを振る。

蒸し鍋は素早く加熱できるので夏向き。小ねぎの中からクツクツと汁が上がってきたら、火が通った合図。黒こしょうを利かせて血行促進を。

藤井 恵

藤井 恵 さん (ふじい・めぐみ)

料理研究家

管理栄養士の資格を持つ。簡単に作れておいしく、栄養面でも優れた、体を元気にするレシピを提案。近著『藤井恵さんのむずかしくないお魚レシピ』(講談社)など、著書多数。

『クロワッサン』1049号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。