からだ

顎・首、肩のむくみを解消する、さとう式リンパケア。

水分の摂りすぎや生活リズムの乱れなど、夏は水太りになる要素がたくさん。揉まない、押さない、で巡りをよくする、話題のさとう式リンパケアを、公認上級インストラクターを務めるさかえみきこさんに教わります。
  • 撮影・青木和義 ヘア&メイク・高松由佳 イラストレーション・山口正児 文・小沢緑子

【気になったら即ケア。毎日の習慣にすれば水太りしにくい体へ。】

〔顎、首〕顎舌骨筋(がくぜっこつきん)と首の筋肉をゆるめ、二重顎や首のたるみも防止。

(1)軽く顎を上げて、右手で左顎の下に触れ、顎の下の左右に広がる筋肉(顎舌骨筋)を意識。左手で耳たぶの付け根をやさしくつまみ、弱い力で後ろ側に8回回す。

(2)右手で左側の鎖骨をはさむように軽く触れる。口から息を吐く。次に手のひらを返して左腕をおろす。

(3)両手で左側の首筋に触れ、上から鎖骨に向けてやさしく8回なでおろす。

(4)右手で左顎の内側に軽く触れ、左手で鎖骨の上部にふわっと触れる。口から息を吐き体の力を抜いていく。反対側も1〜4の順に行う。

〔肩〕腕ゆらゆらリンパケアで、肩から背中にかけてスッキリ。

(1)軽く顎を上げ、右手で左頬にふわっと触れる。左腕は手のひらを返して後ろに回し、左肩を開く。このとき、肩や腕に無理に力を入れない。

(2)右手で左頬に触れたまま、左手を下におろす。顎と首の筋肉(咀嚼筋と広頸筋)が、親指の拇指球までつながっていることを意識しながら、呼吸を2回行う。

(3)2の姿勢のまま、深呼吸しながら左腕を前後に小さくやさしく往復8回ゆらす。反対側も1〜3の順に行う。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。