からだ
くらし

心地良いほぐしでリラックス。倦怠感を「ほぐピラ」で解決。

この時季つらい体のあれこれを、話題の〈ほぐして鍛えるエクササイズ〉で改善。テレビの前でゴロリ、最短10秒。ぜひお試しを。
  • 撮影・中島慶子 スタイリング・高島聖子 ヘア&メイク・木下庸子(プラントオパール) モデル・くらさわかずえ

回復力を取り戻すためには、リラックスが最大のテーマに。

疲れがなかなか取れない、だるさが続く原因は、回復力の遅れ。

「体が回復するためには、酸素や栄養を運んでくれる血液がスムーズに流れることが大切です。また、体じゅうに指令を送る役目を担う、自律神経を司る脳も疲れているはず。このような時にはハードな運動で鍛えるより、リラックスさせることが最優先です」

今回紹介するのは、自律神経や血流に関わる背骨をほぐす動き。

「心地よいほぐしで、心身がゆったりするのを感じてください」

小揺れ ほぐピラ

[ローラーを当てる場所]
うなじのくぼみ辺りの衿足部分。血流改善に効く。

クロップトップ5,500円、タイツ1万1000円(プーマ/プーマ お客様サービス)

(1)仰向けになり、横向きに置いたローラーの中央辺りに衿足部分をのせる。両膝を両腕で抱え、できるだけ膝はおへそに近づけて体を小さく丸める。その状態で膝を右にゆっくり揺らす。

(2)背骨をしっかり床につけて左に揺らし、背骨周りがほぐれるのを感じて。往復10回繰り返す。

\ 力を抜いてリラックス〜/

大揺れ ほぐピラ

[ローラーを当てる場所]
小揺れと同じ場所。衿足部分に当てて行う。

(1)仰向けになり、横向きに置いたローラーの中央辺りに衿足部分をのせる。両膝を抱え、できるだけ体を小さく丸める。三半規管が弱い人は、以下の動きをローラーを外して行ってもいい。

(2)頭を起点にし、お腹の左脇の筋肉、腹斜筋を使ってゴロンと左側を向く。

(3)同様に右側を向く。左右交互に10回繰り返す。傾けた状態で静止するとより効果が高まる。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。