からだ

背中のコリや張りに良いストレッチは?

お悩み解消ストレッチを、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ ヘアメイク・武田尚子(MÉLANGE) スタイリング・春原久子 文・石飛カノ イラストレーション・川野郁代 モデル・くらさわかずえ

仕事が忙しくなると背中にコリや張りが。マッサージに行く暇もありません。

背中にも肩と同じようにコリの症状が出ることがあります。原因はやはり、同じ姿勢を長く続けること。それが悪い姿勢であるほど、特定の部分に負担がかかって背中にコリや張りが生じます。

背中の筋肉は本来、腕を高く上げた状態で大きくのびる部位。ところが、現代の生活では腕を下ろした状態が多いので意識して動かさない限り、ずっと固まったまま。血行不良を起こしてコリにつながります。ストレッチでしなやかな背中を取り戻しましょう。

【解決】

背中を広く覆う大きな筋肉をほぐしてのばして動かせる背中に。

【やってみよう!】腕を高く上にのばすように。

床に四つん這いになり、片手を前に出して床につける。前の腕をのばしたまま床に近づけて上半身を前傾させていく。10秒。逆も。

【Point】体重をお尻方向に移動させて。

(A)反対側の手はやや前方の床に。

(B)片手は肩の真下で床につける。

(C)床につま先を立てて姿勢を安定。

(D)両足の幅は腰の幅くらいに。

(A)背すじをのばしたまま上半身を前傾。

(B)体重はお尻の方向にかける。

(C)左手もひじをついてカラダを支える。

坂詰真二

監修

坂詰真二 さん (さかづめ・しんじ)

スポーツ&サイエンス代表

1966年生まれ。横浜市立大学文理学部卒。アスリートへの指導のほか、各年代に応じた筋トレやストレッチなどをさまざまな媒体で紹介。

『Dr.クロワッサン 何歳からでもカラダはやわらかくなる!』(2019年1月5日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。