からだ
くらし

からあげやチキン南蛮漬けなど、レトルト・ブロックタイプの大豆ミートで作る、3つのダイエットレシピ。

大豆ミートという食材をご存じでしょうか。見た目も食感も肉のようなのに、低カロリー。使い方もすごく簡単なのです。
  • 撮影・黒澤義教 文・一澤ひらり

肉にそっくりな大豆ミート、調理も簡単なダイエットの味方。

大豆ミート料理研究家でもある坂東万有子さんが解説します。

大豆ミートとは大豆の油分を搾油し、加熱加圧・乾燥させてできた大豆加工食品。肉の代替品として使え、低脂質で低カロリー、しかもコレステロールフリーです。たとえばミンチタイプなら豚ひき肉と比べてカロリーは約68%カット、脂質は約98%カットされています。

唐揚げやハンバーグなどの肉料理を大豆ミートに置き換えるだけで大幅にカロリーダウン。高たんぱくで食物繊維もたっぷりなので、ダイエットや生活習慣病の予防に役立ちます。大豆ミートはヘルシーで健康的な生活をサポートしてくれる心強い味方になってくれます。

かたまり肉の代わりに使えて肉の歯応え、弾力感を堪能できる、大豆ミートレトルト、ブロックタイプ。

大豆ミートの良さを実感できるのが唐揚げ。生肉より火の通りが早く、少ない油で揚げ焼きできてヘルシー。
調理前
調理後

肉の食感、かたまり感に大満足。しかもコレステロールフリー。

唐揚げ

これお肉じゃないの? 誰もが驚く、ヘルシーでおいしい大豆の唐揚げ。

【材料(2人分)】
大豆ミート(レトルト・ブロック)   180g
片栗粉   大さじ4
揚げ油   適量
ベビーリーフ   適宜
A[しょうゆ   大さじ2  酒   大さじ1/2 おろししょうが   大さじ1  おろしにんにく   小さじ1/2]

【作り方】
1.ポリ袋にAを入れて混ぜ合わせ、大豆ミートを入れてやさしくもみ込む。
2.1の余分な水気をしぼり、片栗粉をまぶす。
3.フライパンに揚げ油を2cm分注いで熱し、 全体を揚げ焼きする。
4.皿に盛りつけ、ベビーリーフを添える。

ヤンニョムチキン(韓国風甘辛チキン)

子どもも大人も好むやさしい甘辛味。
ボリューミーでも、胃にもたれない。

【材料(2人分)】
大豆ミート(レトルト・ブロック)   90g
片栗粉   大さじ1
ごま油   大さじ1
いりごま   小さじ1
サニーレタス   適宜
A[ケチャップ   大さじ2 コチュジャン、みりん、はちみつ各大さじ1 おろしにんにく   小さじ1/2]

【作り方】
1.ポリ袋にAを入れて混ぜ合わせ、大豆ミートを加えてもみ込む。
2.ポリ袋から大豆ミートを取り出して片栗粉をまぶし、フライパンにごま油を熱して中火で焼く。
3.全体に焼き色がついたら、ポリ袋に残ったタレをかけて、いりごまを散らす。
4.皿に盛りつけ、サニーレタスを添える。

チキン南蛮漬け

大豆の唐揚げとたっぷりの野菜に、甘酢がしみ込んでさっぱりと。

【材料(2人分)】
大豆ミート(レトルト・ブロック)   90g
にんじん   1/4本
玉ねぎ   1/4個
ピーマン   1/2個
片栗粉   大さじ2
揚げ油   適量
A[しょうゆ、酢、砂糖   各大さじ1と1/2 顆粒だしの素   小さじ1/4]

【作り方】
1.にんじんとピーマンは千切り、玉ねぎは薄くスライスする。
2.ホーローなどの保存容器にAを混ぜ合わせ、1を加える。
3.大豆ミートに片栗粉をまぶして180度の揚げ油で唐揚げにし、熱いうちに2へ入れて和える。

坂東万有子

料理制作

坂東万有子 さん (ばんどう・まゆこ)

大豆食料理研究家

大豆食品や発酵食品を、現代的な食生活の中でも取り入れやすいように工夫した料理が人気。著書に『大豆ミートのヘルシーレシピ』(河出書房新社)。

池谷敏郎

監修

池谷敏郎 さん (いけたに・としろう)

池谷医院院長 医学博士

内科、循環器科の専門家として、テレビや雑誌など多方面で活躍中。著書に『医者がすすめる“大豆ファースト”』(主婦の友社)など。

『Dr.クロワッサン ちょい足し蒸し大豆ダイエット』(2019年4月22日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。