からだ
くらし

ジューシー鶏むね肉のタンドリーチキンのレシピ。

疲労回復効果が高い鶏むね肉を使ったレシピを紹介します。
  • 撮影・水野昭子 文・佐野由佳、小沢緑子 料理・田村つぼみ

タンドリーチキン

1.厚めそぎ切り
2.下味をもみこむ
3.20分以上置く

ヨーグルトのおかげで、胸肉とは思えないジューシーさ。

【材料(2〜3人分)】
鶏胸肉1枚(300g)
A[ヨーグルト大さじ3、カレー粉大さじ1/2、塩小さじ1/2、すりおろし生姜1かけ分、すりおろしにんにく1片分]
油大さじ1
セロリ・トマト各適宜

【作り方】
1.鶏胸肉を2cm幅くらいの厚めにそぎ切りにする。
2.1の鶏胸肉にAの調味液を加えてもみこみ、20分以上置く。
3.フライパンに油をひき、2の鶏胸肉を入れる。焼き色がついたらひっくり返す。
4.ふたをして弱火で蒸し焼きにする。
5.器に盛り、セロリ、トマトを添える。

〈 ポイント 〉
ヨーグルトに含まれる酵素が鶏胸肉の繊維をほぐすうえ、調味液の中の生姜の酵素がたんぱく質を分解してくれます。ヨーグルトの粘り気には、酵素を密着させて浸透を助ける役割も。

鶏むね肉は下味をつけるとパサつかない。

もみこむときは、下味がしっかりからむようになじませて。時間があるときは20分くらい置いても。

鶏胸肉は、下味をつけるとパサつくのを防げます。たとえば、砂糖でもんでおくと胸肉の水分が外に逃げるのを防ぐため、火を通してもやわらかに。ケチャップや蜂蜜など、甘い調味料には水分を放さない性質があるのでパサつきを抑えます。

酵素の力も役立てて。発酵食品だけでなく、野菜や果物にも“肉のたんぱく質を分解してやわらかくする酵素”が豊富。野菜や果物は生のまま、みじん切りにして少し水を加えるか、すりおろすと胸肉に酵素が密着して浸透しやすくなります。

胸肉をやわらかくする下味

肉の水分を逃さない保水効果の高いものか、酵素の力で肉をやわらかくしてくれるものを。

保水効果でやわらかく

酵素の力でやわらかく

梶本修身

監修

梶本修身 さん (かじもと・おさみ)

東京疲労・睡眠クリニック院長

1962年生まれ。医学博士。2016年、「一人でも多くの疲労に悩む人を救いたい」と、東京疲労・睡眠クリニックを開院。穏やかな物腰と的確な診察が信頼を集めている。著者多数。

『Dr.クロワッサン 新装版 疲れないコツ』(2019年7月29日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。