からだ
くらし

パサつきがちな魚もしっとり! 甘酒西京漬け【山脇りこさんの甘酒レシピ】。

調味料として甘酒を使うとより味わい深く栄養価もアップ。料理家の山脇りこさんに教わります。
  • 撮影・小林キユウ 文・葛山あかね

家庭で簡単に"西京焼き"を。パサつきがちな魚もしっとり!

家にあるいつもの味噌と甘酒を混ぜれば、西京漬けの甘さやコクが再現できる。めかじきだけでなく、さわらや鮭、豚肉、鶏肉などにも応用可能。お弁当にも最適。

【材料(4人分)】
甘酒大さじ5
味噌大さじ4
めかじき4枚

【作り方】
1.甘酒と味噌をよく混ぜる。
2.めかじきに塩(分量外)をふり、10分ほど置いて水分を拭き取る。
3.1を2に塗りつけるようにして漬け、1時間〜一晩置く。
4.魚に塗った甘酒味噌をきれいにぬぐい、フライパンでじっくり焼く。仕上げに先ほど取り除いた甘酒味噌を加え、焼きながらからめる。

甘酒を使うメリット

(1)短時間で、長時間煮込んだような味になる(カレーライス ビーフシチュー)

(2)旨みがプラスされ、味に深みが出る(ブリの照り焼き 甘酢漬け)

(3)料理にコクが出る(肉じゃが 煮魚 豚の角煮) 

(4)素材がしっとり柔らかくなる(鶏の唐揚げ 煮豚 和え物)

(5)自然な甘みがつく(卵焼き ちらし寿司 アイスクリーム)

(6)調味料が少量ですむ(ひじきの煮物 さば味噌煮 海老チリ)

(7)もっちりとした食感も楽しめる(パンケーキ プリン)

山脇りこ

山脇りこ さん (やまわき・りこ)

料理家

東京・代官山で料理教室「リコズキッチン」を主宰。『きょうから、料理上手〜コツがわかるから自信がつくきほんの10皿とアレンジ50』(家の光協会)ほか著書多数。

※プロフィールは雑誌掲載時(2019年6月)のものです。

『Dr.クロワッサン 若返る 甘酒・麹の健康法』(2019年6月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。