からだ
くらし

甘酒のだし効果で味が簡単に決まる、栄養満点スープレシピ5。

栄養たっぷりの甘酒を毎日の食生活に取り入れてみませんか? おいしく続けるコツをご紹介します。
  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

和洋中、ジャンルを問わずおいしくなる。スープだからこそ活きる甘酒効果に注目!

発酵で生まれる複数のアミノ酸の働きで、合わせる素材の旨みを引き出すのが甘酒のだし効果。

「スープに甘酒を使うと味が簡単に決まり、ボリュームもアップします。お腹が満足するだけでなく、やさしいとろみがついて食べやすくなるし、栄養満点のスープです」

と舘野さん。しかもスープは体が温まって、気持ちもほっこり。

甘酒ミネストローネ

抗老化

トマトの酸味を甘酒がやわらげる。素材の味を生かした多彩な味わい。

【材料(2人分)】
ベーコン   2枚
玉ねぎ   1/4個
人参   1/5本
じゃがいも   1/2個
枝豆(むき身)   大さじ2
にんにく   1/2かけ
カットトマト缶   100g
水   300ml
コンソメ   1個
甘酒   大さじ2
塩、こしょう   少々
オリーブオイル   大さじ1

【作り方】
1.
ベーコン、玉ねぎ、人参、じゃがいもは1cm角に切る。にんにくはみじん切りにする。
2.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ったらベーコン、玉ねぎ、人参、じゃがいも、枝豆を加えてしんなりするまで炒める。
3.水、トマト缶、コンソメ、甘酒を加えてふたをし、5分ほど煮る。
4.仕上げに塩、こしょうをして味を調える。

鶏肉と大根の甘酒中華風スープ

骨を強化

アミノ酸豊富な甘酒がだし代わり、大根に鶏手羽の旨みが染み込んで。

【材料(2人分)】
鶏手羽中   6本
大根   100g
玉ねぎ   1/4個
生姜   5g
きくらげ   2g
甘酒   大さじ2
オイスターソース   小さじ1
塩   小さじ1/3
こしょう   少々
水   300ml
ごま油   大さじ1
万能ねぎ(小口切り)   小さじ2

【作り方】
1.
大根は乱切り、玉ねぎは縦薄切り、生姜は千切りにする。きくらげは水で戻して粗く切る。
2.鍋にごま油を入れて熱し、鶏手羽中を加えて炒める。焼き目がついたら大根と玉ねぎを入れて炒め、きくらげ、生姜、水、甘酒を加えて、大根が柔らかくなるまでふたをして煮る。
3.具材が煮えたらオイスターソース、塩、こしょうで味を調え、器に盛りつけ万能ねぎを散らす。

甘酒コーンスープ

整腸作用・代謝アップ

とうもろこしの甘みを甘酒がさらに奥深い味わいに。

【材料(2人分)】
クリームコーン缶  1/2缶(190g)
水   100ml
牛乳   100ml
甘酒   大さじ4
塩   小さじ1/4
こしょう   少々
パセリ(きざみ)   少々

【作り方】
1.
鍋にクリームコーン缶、水、甘酒を入れて、ひと煮立ちするまで混ぜながら加熱する。
2.牛乳を加えて温め、塩、こしょうをして味を調える。
3.器に盛りつけパセリをのせる。

甘酒豚汁

疲労回復

野菜の滋味に豚肉のコク、味噌がまろやかにまとめる。

【材料(2人分)】
豚バラ肉   100g
大根   80g
人参   30g
長ねぎ   1/4本
しめじ   1/4パック
木綿豆腐   1/4丁
味噌   大さじ1と1/2
だし汁   400ml
甘酒   大さじ2
ごま油   小さじ2
七味唐辛子   少々

【作り方】
1.
豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。大根、人参はいちょう切り、長ねぎは斜め薄切り、しめじは石づきを除いてほぐす。豆腐はさいの目切りにする。
2.鍋にごま油を入れて豚肉を炒め、大根、人参を加えてしんなりしたら、だし汁を入れる。沸騰したらアクを除き、しめじ、長ねぎ、豆腐を加えて煮る。
3.味噌を溶き入れ、仕上げに甘酒を加える。器に盛りつけ七味唐辛子をふる。

サバの甘酒冷汁

認知症予防、血管を強く

味噌との発酵ダブルパワーに、サバのDHAとEPAをプラス。

【材料(2人分)】
サバ水煮缶  1/2缶(1缶180g)
木綿豆腐   1/4丁
きゅうり   1本
生姜(おろし)   小さじ1
大葉   2枚
水   300ml
味噌   大さじ1
甘酒   大さじ2
白炒りごま   小さじ1

【作り方】
1.
サバ缶は汁ごとほぐす。豆腐はスプーンでくずす。きゅうりは輪切り、大葉は千切りにする。
2.ボウルにサバ缶、味噌、生姜、甘酒を入れて混ぜ、水を加えてのばし、豆腐、きゅうりを入れて混ぜる。
3.器に盛りつけ、大葉と白炒りごまをのせる。

舘野真知子

舘野真知子 さん (たての・まちこ)

料理研究家、管理栄養士

発酵料理を中心に、食の大切さ、栄養や文化なども併せて伝える活動を展開。著書に『料理用あま酒、はじめました。』(光文社)など。

※プロフィールは雑誌掲載時(2019年6月)のものです。

『Dr.クロワッサン 若返る 甘酒・麹の健康法』(2019年6月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。