からだ

サプリを飲むことで日焼けを防ぐことはできる?

うっかり日焼けしがちな部位に新たに加わった、マスクの内側。UVアイテムを上手に活用して、これからの日差しに備えよう。
  • 撮影・中島慶子

\内側からのケア/紫外線予防のために飲むサプリ

サプリを飲むことで日焼けを防ぐことはできるのだろうか?

「日焼け止めと同じ効果ではありませんが、例えばビタミンCは紫外線による酸化を防ぎメラニンの生成を抑える働きがあります。塗るUVケアを徹底したら、オプションとして取り入れるといいでしょう。
ちなみにビタミンCは水溶性のため、例えば一日の摂取量が1200mgなら、一気にではなく400mgを3回、または300mgを4回に分け、こまめに摂るとより効果的です」(皮膚科医の小林智子さん)

M’ssupplementCB210粒 8,500円(松倉クリニック表参道 TEL.03-5414-3600)

「ビタミンCの含有量や体内への吸収力を考えると信頼感があるのが、ドクター処方のサプリメント。紫外線が強く夏バテしそうな時、冬場で風邪を引きそうな時、忙しく疲労が溜まりがちな時など、一年中頼りにしています」。

ホワイトフォースドリンク30ml×10本入り3,000円(ファンケル TEL.0120-750-210)

「今日は紫外線を浴びそう・浴びてしまった、という日に飲むお助けドリンク。飲みやすく、内側から透明感を引き出す美容成分がたっぷり。美肌効果が総合的に考えられており、紫外線の強い季節の速効・集中ケアにおすすめです」(宇野さん)。

ネクステージシー30包5,292円〈税込〉(ポーラ TEL.0120-117111)

「飲みやすいサラサラの顆粒タイプ。ビタミンCを主役に、B2、D、Eなど、不足しがちな12種類のビタミンを手軽に補給できます。疲れが蓄積している時にも最適で、昨年末から風邪を引くことなく乗り切れているのは、これのおかげかも」。

小林智子

小林智子 さん (こばやし・ともこ)

皮膚科医

専門医の視点からの的確な肌管理アドバイスに定評が。YouTubeチャンネル「こばとも先生のスキンアカデミー」も人気。

『クロワッサン』1042号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。