からだ
くらし

【試して納得】綿100%なのにさらりと麻のよう。体を締めつけず着心地の良いキャミ&ショーツ。

毎日使う肌着は快適さで選びたい。明治創業の老舗の肌着メーカーの技術で実現した、麻のようにサラサラのコットンを使ったカップ付きキャミソールとショーツを紹介します。
  • 撮影・多田寛 文・板倉ミキコ

「ああそうそう。この感じ」。

肌はとても正直なので、下着を選ぶときは身につけるだけで大丈夫。合う、合わないを肌が教えてくれます。
特にジメジメしやすい高温多湿の日本では、さらっと気持ちいいのが重要です。“さらり”は汗ばむ時期の快適さのキーワード。

そこで浮かぶのが麻です。
吸湿、速乾性に優れる素材で、ランジェリーの語源とも言われています。シーツや枕カバーにも最適な素材ですが、同じ天然素材のコットンに比べ、伸縮性、柔らかさに劣るのが難点。ゴワゴワ、ザラザラした質感に、柔らかさを好む肌が難色を示すのも仕方ありません。

でも、技術で理想を叶えるのがメイド・イン・ジャパン。明治創業の老舗の肌着メーカーが追求した、コットンと麻の良さを両方実感できる素材があるんです。
厳選された超長綿を特殊強撚し、麻のシャリ感としなやかさをプラスした綿100%の下着『アサメリー』というブランドです。

この下着の良さに惚れ込んだ『クロワッサンの店』が『アサメリー』とコラボで作ったのが、こちらのカップ付きキャミソールとショーツ、というわけ。

アサメリーコラボ綿100%カップ付きキャミソール。左からグレー、オリーブ。しめつけない優しいフィット感。胸のアンダー部分のゴムは肌に当たらない設計で、裾は切りっぱなしで縫い目がもたつかず、敏感肌の人も安心。
アサメリーコラボ綿100%深型ショーツ。締め付けを感じないはき心地。背中側一か所にゴム穴が設けてあるので、ゴムの入れ替えが可能。

ここで改めて冒頭のセリフ、「ああそうそう。この感じ」に戻ります。

デザインは以前紹介したオーガニックコットンのカップ付きキャミソール(記事)のまま。

締め付けない、優しいフィット感で、コットンのように汗を吸うと肌にべとつくことなく、風をはらんでいつもサラサラ。今年の夏が酷暑なのか、猛暑なのか想像もつきませんが、この素材なら快適に乗り切っていけそうです。

シャツなどはおりものと合わせて、お出かけ着にも。アジャスター付きのストラップなので、自分の胸のラインに合わせてスッキリ着こなせる。

グレーとオリーブというカラーバリエーションにも「そうそう、この色」とうなずきました。透けにくい素材なので、肌着という感じがなく、重ね着してファッションの一部に溶け込んでくれます。

肌着の快適さはほんの些細なことに感じますが、毎日の積み重ねで、不快な時期の幸せ量に大きな差が出ます。さらり、ふうわりとした質感で肌が喜ぶ下着は、残暑厳しい秋まで、私の快適をサポートしてくれるでしょう。(ライターMikiko)

上質な超長綿に強い撚りをかけて仕上げた糸を、通気性に優れた編み方で、麻のようなシャリ感と爽やかな肌さわりを実現。

<商品概要>

■商品名 
麻のような肌ざわり 綿100%カップ付キャミソール(税込7,040円)
麻のような肌ざわり 綿100%深型ショーツ(税込2,400円)

■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。