からだ

疲れを感じたときに自分で押せる、手足のツボ。

誰にでもわかりやすく、簡単に刺激できる特効ツボを紹介します。疲れを感じた時にちょっと押すことを習慣にしてみてください。
  • 撮影・岩本慶三 モデル・くらさわかずえ スタイリング・高島聖子  ヘアメイク・村田真弓 文・韮澤恵理 イラストレーション・松元まり子

合谷(ごうこく)

\ 手の万能ツボ /

親指と人さし指のつけ根から人さし指側に少しだけ寄ったところ。押してみて、イタ気持ちいい部分(圧痛点)。手を開いて甲側から見ると、少しへこんでいる場所。

《合谷の押し方》

労宮(ろうきゅう)

手のひらの中央近くの最もくぼんだところ。人さし指と中指の骨が交わるあたりを親指で押してみて、深く押し込めるところ。軽く手を握った時に中指の先が当たるのが目安。

《労宮の探し方》

爪の両わきのツボ

爪のつけ根の両側のツボ。親指は呼吸器、人さし指は消化器、中指は耳、薬指はストレスやうつ、小指は心臓、腎臓、自律神経。気持ちがいいと感じるツボをつまんでもむ。

《押し方》

湧泉(ゆうせん)

\ 足裏の特効ツボ /

足の裏を3分割した指先側1/3の位置で親指と人さし指の間くらいのくぼみ。足指でグーを作ってみて、へこむ位置。このあたりを親指で押してみるとぐっとくぼむのでわかる。

《湧泉の押し方》

力を入れにくかったらツボ押し棒で。

自分の指ではうまく力が入らない場合や、指に力がない人は「ツボ押し棒」を使うとうまく押せる。ネット通販、百円ショップなどでも手に入る。

手足にある特効ツボを疲れたら押してみる。

目や肩の疲れのほか、内臓の疲れや血行不良による不調や重だるさ、冷えなど、日常的な不快症状は、すぐに押せる特効ツボで早めに対応してください。疲れをもちこさずにすぐにリセットできます。

仕事中でも外でも、押したい時に手軽に押せるツボを覚えて、疲れたらツボを押すという「押しグセ」をつけましょう。

「合谷」は覚えておきたい万能ツボ。親指と人さし指が出合う谷(くぼみ)という意味で、血流、自律神経から歯痛まで幅広い効果があります。左右を交互に押すとリラックス効果が高まります。

「労宮」は労働の集まるところ(宮)、心労の集まるところ(宮)という意味があり、体の疲れ、心の疲れを癒やすツボとして知られています。多忙やストレスでドッと疲れた時にも特効があります。

「湧泉」は、湧き出る泉という名の通り、生命力に関わる重要なツボ。血行をよくし、腎機能も高めるので、代謝がよくなり、多くの疲れや不調が改善できます。

工藤孝文

監修

工藤孝文 さん (くどう・たかふみ)

内科医、漢方医

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療に携わる。著書に『やせる出汁』(アスコム)、『疲れない大百科』(ワニブックス)など多数。テレビ『ガッテン!』『ホンマでっか!? TV』などでも活躍。

『Dr.クロワッサン 免疫力を強くする、疲れない体のつくり方。』(2020年6月26日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。