暮らしに役立つ、知恵がある。

 

膝は女性の弱点! 膝が痛くなる3つの理由とは。

いますぐ始める膝痛対策を、パーソナルトレーナー鈴木孝佳さんに教わります。

文・及川夕子 撮影・岩本慶三 イラストレーション・松元まり子 モデル・くらさわかずえ スタイリング・高島聖子 ヘアメイク・村田真弓

<膝が痛くなる理由2>足に合わない靴を履き続ける

最初に、土踏まずのチェックをしてみましょう。足裏にボールペンが入る隙間がありますか?

健康な足にはアーチ構造があり、土踏まずを形成して、歩くときに地面から受ける衝撃をやわらげています。しかし外側のアーチがくずれてくると、足のねじれが生じて膝への負担が大きくなります。

アーチのくずれは、外反母趾や内反小趾(足の小指が外側に曲がる病気)など足のトラブルにも現れます。長い間、合わない靴を履き続けてきた人に多い症状です。

対策は、普段履く靴をひも靴にし、ひもをしっかり結んでアーチを保護すること。膝痛対策用のインソールを使うのもオススメです。思い当たる人は、靴やインソールの見直しから始めましょう。

健康な足には、横アーチ、外側縦アーチ、内側縦アーチの3つのアーチがあり、歩くときに地面から受ける衝撃をやわらげている。このアーチのくずれが膝にも影響する。特に外側のアーチがくずれると外くるぶしが下に落ち、脛の骨や筋肉が外側方向に引っ張られて足のねじれが発生、膝への負担が増える。靴底の外側がすり減っている人は注意が必要。
健康な足には、横アーチ、外側縦アーチ、内側縦アーチの3つのアーチがあり、歩くときに地面から受ける衝撃をやわらげている。このアーチのくずれが膝にも影響する。特に外側のアーチがくずれると外くるぶしが下に落ち、脛の骨や筋肉が外側方向に引っ張られて足のねじれが発生、膝への負担が増える。靴底の外側がすり減っている人は注意が必要。
膝は女性の弱点! 膝が痛くなる3つの理由とは。

外側の土踏まずチェック
外くるぶしから1cmくらい前の位置で、ボールペンを踏んで立つ。ほかの人にボールペンを抜いてもらう。抜けなければ外側の土踏まずがつぶれている。

<膝が痛くなる理由3>骨盤、股関節の歪み

片側だけ膝が痛む、曲げにくいといった症状には、体の「左右差」が関係しています。

例えば、脚を組むくせがある人は骨盤や股関節に歪みが生じ、その影響は膝にも及びます。さらに、その人の体型、仕事、歩き方の癖など生活習慣の影響からも、左右差は生まれます。

また一般的には、左膝より右膝が痛む人が多いとされます。それには、言語を司る左脳優先の生活に関連が。右半身に体重が乗りやすく、股関節と膝がねじれるため右膝に痛みが出やすくなります。

気をつけていても左右差は現れてしまうもの。だからこそ、バランスを調整するエクササイズが必要に。日常生活では、同じ姿勢を取り続けないことも大切です。

脚を組んで座るクセがある人は骨盤の歪みに要注意。骨盤が歪むと、脚の長さに左右差が生じる。その状態で立つ、歩くを繰り返していると、その負担は膝に。
脚を組んで座るクセがある人は骨盤の歪みに要注意。骨盤が歪むと、脚の長さに左右差が生じる。その状態で立つ、歩くを繰り返していると、その負担は膝に。
  • 鈴木孝佳

    鈴木孝佳 さん (すずき・たかよし)

    パーソナルトレーナー

    姿勢、不調を改善する専門家。脳神経学、機能解剖学、運動生理学、栄養学に基づき延べ8,000人の体を改善。パーソナルトレーニングスタジオb{stoic代表トレーナー/最高技術責任者。

『Dr.クロワッサン 何歳からでも骨は強くなる』(2020年3月28日発行)より。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

02 / 02
  1. HOME
  2. からだ
  3. 膝は女性の弱点! 膝が痛くなる3つの理由とは。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載