からだ
くらし

菊の花の甘酢漬け【パン・ウェイさんの食養生レシピ】。

ごはんの友にも、麺にあえても
疲れ知らずの常備菜。
  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

<菊の花の甘酢漬け>

【材料】
菊の花 …… 1箱(約60g)
米酢 …… 大さじ8
白砂糖 …… 大さじ8

【作り方】
1.
沸騰したお湯で菊の花をさっと茹で、冷水に一瞬くぐらせ水分をしっかり取る。
2.きれいな容器に米酢と白砂糖を入れ、よく混ぜてから1を入れて2日間漬ける。

 

明るい黄色が美しく、薬効成分もたくさん。

薬膳でよく使われるのが菊の花。殺菌や解毒作用が強く、体の余熱を取り、のどや気管の炎症を抑え、熱がこもって起きる咳や風邪の咳を鎮める。血行をよくするので、血圧を安定させ、目の疲れからくる充血やかすみを改善するなどの効能がある。

「食用として利用される菊は、山形県の『もって菊』が知られていますが、効能がすばらしいのでもっと活用してほしいです。これは日々の酢のものとして食べられます。豆腐にのせるときれいに映えますよ」

作るときに茹でた菊をぎゅっとよく絞ること。水分が残っていると腐りやすくなる。生姜をスライスして漬け込んでもよい。

「菊の苦味には解毒作用があるので、風邪かなと思ったらぜひ食べてください。甘酢の漬け汁を薄め、氷砂糖を入れて飲んでも効き目がありますよ」

保存容器に入れて、1カ月ほど冷蔵保存ができる。

パン・ウェイ

レシピ提供

パン・ウェイ さん

料理研究家

中国・北京生まれ。季節と体をテーマに四季に沿った食生活を提唱し、現在は東京・代々木公園スタジオにて料理教室を主宰。著書に『毎日からだを調える中華スープ』(誠文堂新光社)など。

『Dr.クロワッサン 不調が消える、ふだん漢方』(2020年1月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。