からだ

年齢を感じさせない首に。プロに教わるネックケア方法。

人に見られていることも多く、常に気になる手と首。美しく保つケアの方法を、おすすめコスメとともに美容のプロに聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・かとまり 文・大澤はつ江

乾燥から首を守り、横ジワのないネックと美しいデコルテに。

手同様に年齢が出やすいのが首。加齢とともに首の横ジワなどが目立ち、取れにくくなってくる。
今回、首のシワや乾燥が気になり始めたという文筆家の大平一枝さんがネックケアを教えてもらうことに。教えてくれるのは、エステサロン『ラ・マーナ』のオーナー斉藤真奈美さん。

「ネックケアをしたことはありませんね。エステサロン自体、数えるほどしか行っていないし。いつも洗顔後にローションをバシャバシャと顔と首につけるぐらい。でも最近、首に年齢が出てきたなと……。今からでも大丈夫ですか?」(大平さん)

「思ったときが大切。首とデコルテは顔から続く場所。だからパーツごとにマッサージするのではなく、繋げて行うことが重要です。ネッククリームを首に塗り、耳の後ろから首に沿ってデコルテまで、上から下へとマッサージ。次にフェイスラインを引き上げて、最後はデコルテ全体をカバー。リンパを流すように行ってください」(斉藤さん)

「とても気持ちいい。きれいなネック目指して続けます」(大平さん)

(左)大平一枝さん 文筆家 (右)斉藤真奈美さん 「ラ・マーナ」主宰、 メノポーズカウンセラー

(1)

クリームを首に塗り、首の後ろの頸椎(けいつい)のところに指(人差し指から小指までの4本。親指は添える)をあて、鎖骨の内側の真ん中のくぼみまでゆっくりと3回なでおろす。右手で左、左手で右が基本。

(2)

親指をアゴの下にあて、人差し指をカギ型にし、アゴにおく。フェイスラインに沿って親指が耳たぶの裏あたりにくるまで引き上げる。3回繰り返す。フェイスラインが引き締まり、小顔効果も。

(3)

親指と人差し指でL字を作り、親指はアゴの下、ほかの指は耳たぶの後ろを触るようにする。手の平を首に密着させながら、デコルテまでゆっくりとなぞる。左右3回ずつ行う。

【ギノー ロングヴィクー】首元にハリを与え、硬くなりがちな肌を柔らかくし、キメを整えてシャープなラインに近づける。30ml 7,000円(ラ・マーナ)
美容ジャーナリストの倉田真由美さんも体のメンテナンスに通うエステサロン。

ラ・マーナ
東京都世田谷区玉川3-21-8-201 
TEL.03-3708-7018
https://la-marna.jp

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。