からだ
くらし
更新:

韓国定番の豆腐鍋、スンドゥブチゲ【川津幸子さんのレシピ】。

使い慣れたしょうゆやみその発酵調味料。丁寧に作られたものを厳選すれば、自家製だれもドレッシングも料理研究家の川津幸子さんのレシピでもっとおいしく。
  • 撮影・三東サイ 文・室田元美

スンドゥブチゲ

韓国定番の豆腐鍋はあさりのだしで。

あさり、豚バラ、豆腐を赤いスープで煮込む。コチュジャンの辛味がまろやかに変化します。

【材料(4人分)】
絹ごし豆腐1丁
豚バラ薄切り肉150g
あさりのむき身100g
酒大さじ2
白菜キムチ150g
にら1/2束
にんにく1かけ
A[水2カップ、コチュジャン大さじ1〜2、しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ1/2]
卵1〜2個
塩・ごま油各適量

【作り方】
1. あさりは塩水でさっと洗う。鍋に酒を煮立ててあさりを入れ、あさりの身がふくらむ程度にさっといりつけて、ざるにとる。汁はとっておく。
2. 豚肉は3cm長さに切る。
3. 鍋にごま油大さじ1を熱してキムチを炒め、豚肉も加えて炒めたら、Aとあさりの蒸し汁、すりおろしたにんにくを加える。沸騰したら、豆腐を少しずつすくいながら入れ、あさりの身を加えてひと煮し、仕上げに2cm長さに切ったにら、卵を割り入れ、ごま油少々を加える。器に煮汁ごととって食べる。

コチュジャン

クセになる旨辛の味、日本人の舌にもよく合う。

川津さんおすすめ

「スンチャン コチュジャン」 韓国伝統の製法で熟成。旨みと深い味わい。1kg 900円*編集部調べ(大象(デサン)ジャパン http://daesang.co.jp/traditional-food)。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)さん●料理研究家。JAF Mateで「川津幸子さんのこれ、作ってみて!」を連載中。既刊の『100円 100品 100文字レシピ』は電子書籍でも登場。ツボを押さえた家庭料理をぜひ真似したい。

『クロワッサン』1029号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。